フランス起業、移住奮闘記!“Il faut sortir”

留学していたフランスを中心に海外移住の夢実現のため、起業、投資、ビジネスあらゆることを模索していきます。

フランス人、スイス人に聞いた日本のあれこれと世界の出来事。

昨日、フランス人、スイス人と一緒に飲みに行きました。

みんな、日本が好きな人達で、「俺は、これで日本に来るのは、3回目」
「私は、4回」という風に、戦歴を自慢しているような感じです。



そんな彼らに色々と聞いたことを書いておきます。

まず、残念なのが、日本人と友達になることができない。

こういう外国人が多いです。日本に住んでいても、結局、外国人同士と仲良くなり、
日本人とは、友情を育むことができないそうです。

これは、いくつか理由があると思います。

・日本人のコミュニケーション能力。(同時に、外国人にも当てはまりますが。)
・日本人は仕事で忙しすぎる。(外国人と違い、働き過ぎ。)
・友情に対する考え方の違い。(外国人と比べると、少し希薄。)


バーで日本人と仲良くなっても、それは、一過性でずーと続くものではないとか。


なかなか難しい課題です。


次に、海外の情報です。

フランス人のHさん、日本のブランド、
「MUJI」(無印良品)が好きなのだそうです。


フランスのパリにも店舗があるそうなのですが、種類が少なく、
また、日本の数倍も高いそうです。


家の家具をMUJIで統一したい!と話してました。

「IKEAがあるじゃん。」と聞いたところ、IKEAやヨーロッパの家具は、
大家族用のテーブルとかが多くて、MUJIのように独り身や少人数用の
テーブルとかの種類が少ないらしいです。


その他、ユニクロ。

日本では、安くて高品質のイメージですが、フランスのパリだと、
高級品というイメージらしいです。


フランスのパリのユニクロの店舗は、ここは、グッチか?
というような内装で、店のスタッフも案内してくれるということです。

ユニクロの戦略なのでしょうか?

沢山の人が並び、価格も高くもなく、あこがれの商品らしいです。


あと、話題に上ったのは、お菓子のキットカットの日本限定商品。
わさびのキットカット。


また、日本ではフランスの車「プジョー」。

フランス人にとっては、高級車というイメージはないのですが、
日本では、おしゃれな高級車というイメージが浸透してます。

こんな風に、日本と海外では同じブランドでも認識が結構違います。



最後に、スイス人のYさんからの話。


つい先日、スイス国立銀行が一転してフランの対ユーロ上限を撤廃し、
スイスフランがユーロに対して、40%近くも上昇しました。


通称、「スイスフランショック」

この事件で、多くの個人投資家や為替会社が損害を出した一方で、
スイス人の10000人がミリオネアになったそうです。


ただ、スイスフラン高に伴い、スイスの輸出産業には大打撃です。

今後の動向にも注意が必要ですね。


他の海外起業家のブログ。
↓↓
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
いつも読んでいただきありがとうございます!


DVD


■ ブログでは、個人的な海外ビジネスネタですが、
別途、メルマガでも海外ビジネスに関して書いてます。

こちらは、客観的な分析を交え、海外ビジネス、海外情報をお届けしています。
興味があれば、【無料メルマガ】にご登録いただければ幸いです。

メルマガ登録フォームへ


【役立つ海外起業・起業のための書籍・ツール!】
海外起業にあたり、これまで読んだ本、使ってきたサイトの紹介です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomotopus.blog83.fc2.com/tb.php/976-e378fb4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad