フランス起業、移住奮闘記!“Il faut sortir”

留学していたフランスを中心に海外移住の夢実現のため、起業、投資、ビジネスあらゆることを模索していきます。

世界経済の変化。27日OPEC会合の結果。

昨日、気になっていたある出来事がありました。

OPEC会議です。


中学校の時、社会の時間で勉強したことがあると思いますが、
中東の産油国の間で組織されているOPEC。


要は、話し合って、世界の石油価格を決める機関です。

石油は、世界経済にとって欠かせないもの。

人間で言うと、水です。

この価格を、これまではOPECが管理していました。

そんなOPECにも、数年前からライバルが出現。

アメリカのシェールオイル革命です。


>シェールオイル

技術革新により、地下深くに眠る層からの石油産出が可能になり、
今、シェールオイルブームになってます。


中東以外にも、石油産出国が現れ、それが、産業国のアメリカ。

アメリカが、石油を産出するので、供給過剰となり、
100ドルを超えていた石油価格が、下落していき、
1,2週間前には、70ドル台にまでなっていました。


そして、昨日の27日。

OPECがいつものごとく、石油の減産をして価格を押し上げるかとおもいきや、
現状維持の態度を取りました。

これは、アメリカのシェールオイルに対抗した措置でもあります。
(シェールオイルの損益分岐点は、80ドルとも言われ、
価格をあげないことで、アメリカのシェールオイル生産を潰すという戦略。)

ただ、一方では、OPECが牛耳っていた石油の価格のコントロールを
失ってしまったということにもなります。。。

その後、石油価格は、暴落し、現在68ドル。
(昨日だけで、4,5ドル下がりました。。)

ちなみに、原油が下がると、世界の産業や経済にとっては、
負担が軽くなり、景気が良くなるとも言われます。


漁に行くガソリンも安くなる。飛行機の燃料費も下がる。
日本が火力発電で仕入れる燃料コストも大幅に下る。


世界は常に動いていて、変化に満ちてます。

ライバルがいない独占した市場で安穏としていたら、
今回のように大きなライバルが出てくることもあります。


中東、石油以外に、産業は発展していないので、
今後厳しい戦いになりそうです。

本来であれば、独占している時に、別の収益源を育てるべく動くべきでしたが。。


ビジネスも一緒で、常に先読みし、変化していかなければ、生き残れない。

現状維持は、怠惰。私自身も、変化していかなければいけないなと思います。

他の海外起業家のブログ。
↓↓
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
いつも読んでいただきありがとうございます!


DVD


■ ブログでは、個人的な海外ビジネスネタですが、
別途、メルマガでも海外ビジネスに関して書いてます。

こちらは、客観的な分析を交え、海外ビジネス、海外情報をお届けしています。
興味があれば、【無料メルマガ】にご登録いただければ幸いです。

メルマガ登録フォームへ


【役立つ海外起業・起業のための書籍・ツール!】
海外起業にあたり、これまで読んだ本、使ってきたサイトの紹介です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomotopus.blog83.fc2.com/tb.php/969-ba06a5b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad