フランス起業、移住奮闘記!“Il faut sortir”

留学していたフランスを中心に海外移住の夢実現のため、起業、投資、ビジネスあらゆることを模索していきます。

ウズベキスタン、首都タシケントに到着

タシケント

首都タシケントにつきました。

夜の21時の飛行機に乗る予定なのですが、
タシケントについてのは、朝7時ごろ。


夜まで旅行バック抱えて、歩き回るのはきついです。

さらに、昨日、深夜列車に乗ったので、昨日からシャワー浴びてません。

なのに、1日中、町を歩き回った挙句、
飛行機で9時間近く乗るということは、
2,3日、シャワーに浴びていないことになります。

さすがに、それは、きついです。


だから、夕方まででも荷物を置き、シャワーが浴びれる
ホテルに滞在しようかと考えてました。



ただ、ない。ない。ない。



何がないかというと、空きがない。

サマルカンドやブハラでは、すぐにホテルが見つかったものの、
タシケントは、全部空いていないといいます。

しかも、ホテルの受付、英語が話せない人が多いし、
これまでと違って、愛想がない。

(ちなみに、私の場合は、2,3つ星の安宿をメインに探してます。)


2時間近く歩き回っても、見つからないので、
諦めかけていたとき、2つ星ホテルの看板を見つけ、
これを最後にしようと訪れてみました。



最初、空きはないと言われてましたが、受付の女の子、
他のホテルと違い愛想がいいし、英語が通じる。

だから、1泊ではなく今晩発つ。
シャワーだけでもいいので、使いたい。

と話していると。

ちょっと待ってと言われ、さっき空いたばかりの部屋を掃除し、
18時までということで貸してくれました。


さらに交渉して、1泊分ではなく、半日分ということで、
ホテル代も半額にしてもらいました。

でも、本音を言うと、私も1日中、町を彷徨いたくなかったので、
1泊分の値段を請求されても、受け入れるつもりでしたが。。


とりあえず、飛行機の時間まで、ホテルを拠点に
首都タシケントでぶらぶらすることにしました。


おまけ編:
私流の一人旅行のコツですが、首都は一番最後に見て回るようにしてます。

なぜかというと、特に理由はないのですが、地方の方が楽しいし、
世界中どこでも首都の方が人が冷たいし、物価も高い。
下手すると、詐欺やスリ、客引きなどに会い、余計なお金を使う危険もあります。

これまで旅行した際、そういうのが多く、
首都は一番最後に時間があれば、見るようにしています。

他の海外起業家のブログ。
↓↓
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
いつも読んでいただきありがとうございます!


DVD


■ ブログでは、個人的な海外ビジネスネタですが、
別途、メルマガでも海外ビジネスに関して書いてます。

こちらは、客観的な分析を交え、海外ビジネス、海外情報をお届けしています。
興味があれば、【無料メルマガ】にご登録いただければ幸いです。

メルマガ登録フォームへ


【役立つ海外起業・起業のための書籍・ツール!】
海外起業にあたり、これまで読んだ本、使ってきたサイトの紹介です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomotopus.blog83.fc2.com/tb.php/959-c370b062
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad