フランス起業、移住奮闘記!“Il faut sortir”

留学していたフランスを中心に海外移住の夢実現のため、起業、投資、ビジネスあらゆることを模索していきます。

だから旅は面白い。ウズベキスタンで会った人々。

今日、ホテルで朝食を取っていると、
昨日、話をしたオーストラリアのおばさんが、
合席をしてきました。


オーストラリアのおばさん

話を聞くと、中国から出発し、モンゴル、キルギスを通り、
そして、ウズベキスタン、さらには、イランに向かうのだそうです。


6か月がかりの旅行だとか。

東京にも私が生まれる前、2年間ほど、出版社勤務していたそうなので、
それを考えると、恐らく60代のはず。元気なものです。

大きな荷物を抱え、ウズベキスタンのヒヴァへと旅立っていきました。

オーストラリアのおばさん2
彼女お気に入りの日本の絣のズボン


私とおばさんの話を聞いていたのか、その後、
受付のウズベキスタン人の男の子も話しかけてきました。


最初、ホテルに来た時に対応してくれた男の子で、
なかなかホテル代を負けてくれませんでした。(笑)

どうも今は、観光シーズンに入ったばかりで、強気でした。

その男の子、話していくうちに、なんと来年、日本に留学するといいます。
奨学金が出るので、ほとんどただらしい。でも、優秀だからなのでしょう。


受付ブルガリア人

英語もペラペラで、頭がよさそうな男の子ですが、
なんで日本を選んだのか聞いてみたところ。


日本の侍、文化に興味があるとのことでした。


てっきり、日本のアニメや音楽など先進国の若者が好きなような感じかと
最初は、思ったりもしましたが、よく分からないようでした。

ウズベキスタン、日本食レストランもなければ、
アニメなどまだまだ普及してないのかもしれません。



私は、やる気のある若い人は大好きです。
ついつい応援したくなります。

今、一緒に働いているフランス人のMaxも同じような感じで、
日本に来た際に、いろいろと手伝ってあげて、その後、
起業するときに手伝ってもらうようになりました。

このウズベキスタンの男の子とも、どこかで一緒に働ける機会があれば、
それはそれで面白いかもしれません。(笑)


やはり、旅は、良いものです。

よく、なんで一人で旅行するのか?と聞かれますが、
一人だと、こういう風に、声をかけてきてくれる機会が増えます。


人との出会いがやっぱ、旅の醍醐味です。


シルクロードは、モノだけではなく、
人との交流ももたらす道のようです!


追伸:
実は、ホテルを今日変わりました。
昨日、ホテルの人に言われ、どうも受付の女の子が、
ダブルブッキングをしたらしく、近くの別の部屋に移ってくれないかとのこと。

私としては、別のホテルを試すのも悪くないかなと思い、了承。
そのホテルに着いた時、最初、1階の日当りの悪い部屋に通され、
これだったら、前のホテルの方がよかったじゃん。と思っていたところ、
どうも、まだ、掃除が終わっていなかったらしく、部屋の変更。

今度は、3階に位置する恐らく、一番高いと思われる部屋にチェンジ!


ホテルブハラ

これも神のおぼしめし♪


他の海外起業家のブログ。
↓↓
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
いつも読んでいただきありがとうございます!


DVD


■ ブログでは、個人的な海外ビジネスネタですが、
別途、メルマガでも海外ビジネスに関して書いてます。

こちらは、客観的な分析を交え、海外ビジネス、海外情報をお届けしています。
興味があれば、【無料メルマガ】にご登録いただければ幸いです。

メルマガ登録フォームへ


【役立つ海外起業・起業のための書籍・ツール!】
海外起業にあたり、これまで読んだ本、使ってきたサイトの紹介です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomotopus.blog83.fc2.com/tb.php/956-7f07abeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad