フランス起業、移住奮闘記!“Il faut sortir”

留学していたフランスを中心に海外移住の夢実現のため、起業、投資、ビジネスあらゆることを模索していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰のために起業をするのか?

つい先日、知り合いからメールがありました。

Sさん、現在、アメリカで働いているのですが、
アメリカで働いているけれど、仕事は、現地に住んでいる日本人向け。
職場の人も、みんな、日本人。


アメリカにいるけれど、環境は、日本と変わらないので、
日本に戻って、起業しようと考えているようです。



確かに、海外で起業している人の中には、現地の駐在員、
日系企業向けにビジネスをしている会社も多くあります。

誰のために、起業するのか?
何のために、起業するのか?


これをまず考えておく必要があるかと思います。


海外に住むために海外で起業するというのであれば、
現地で起業するという方法が取れます。

ただ、外国人相手に起業するというのであれば、
別に海外でなくともできたりもします。



ですので、どこの国、どの人をターゲットにビジネスをするのか?
まだ、漠然と起業を検討している人は、これを考えてみるといいと思います。


私の場合、最初から、外国人向けにビジネスをしようと考えました。


理由は、面白そう。ということと、自分の語学力を生かす上、
また、これまで外国人(特に、フランス人)には留学中、
お世話になってきたので、恩返ししたい。という思いがあったからです。


でも、このブログの最初に書いているように、
そもそも外国人相手に成り立つのか?


という懸念点はありましたが、かれこれ3年。

意外に、何とかなってます。(笑)


東京にいながら、今では、ほぼ毎日のようにフランス人や、その他、
海外の人に会いますし、フランス人とも仕事をしています。


起業前は、ほとんど、日本人とばかりでした。(当たり前ですが。)


環境がないのなら、自分で作ればいいのです。



現在、日本政府も外国人観光客の積極的な誘致を進めていますし、
また、起業家を増やすための優遇政策などに乗り出しているので、
今は、チャンスだと思います。


基本、不景気の際には、起業する人の数が減少する傾向にありますが、
「いつやるか?」「今でしょ!」ではないのですが、決断することも、
後悔しないためには、必要なのかもしれません。。。。


シンプルなことを複雑に考えている人がいたりしますが、
単純に、自分がどうしたいのか?ということを考え、
そこから、掘り下げていけばいいと思います。


他の海外起業家のブログ。
↓↓
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
いつも読んでいただきありがとうございます!


">DVD


■ ブログでは、個人的な海外ビジネスネタですが、
別途、メルマガでも海外ビジネスに関して書いてます。

こちらは、客観的な分析を交え、海外ビジネス、海外情報をお届けしています。
興味があれば、【無料メルマガ】にご登録いただければ幸いです。

メルマガ登録フォームへ


【役立つ海外起業・起業のための書籍・ツール!】
海外起業にあたり、これまで読んだ本、使ってきたサイトの紹介です。
スポンサーサイト

テーマ:起業・独立への道 - ジャンル:ビジネス

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomotopus.blog83.fc2.com/tb.php/930-7923a649
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。