フランス起業、移住奮闘記!“Il faut sortir”

留学していたフランスを中心に海外移住の夢実現のため、起業、投資、ビジネスあらゆることを模索していきます。

ユダヤ人だけじゃない。レバノン商人も実は、すごい。年収7000万円のレバノン人。

今日、とあるアフリカの大使館の友人と久しぶりに会いました。

来週、本国から査察官が来るとのことで、忙しそうでしたが、
1,2時間程度お茶しました。


査察官、2日間だけ日本に滞在し、その後、
韓国、中国と各国の大使館を訪れるのだそうです。


フランス人向けのビジネス、ちょこちょこと
細かい問題は発生しつつも、徐々に大きくなってます。


お客さんのメインは、90%フランス人ですが、ここ最近は、
ポルトガル人、カメルーン人、レバノン人と別の国の
人ともやり取りをするようになりました。



いろんな国の人とのやり取りは、それぞれのお国事情が分かり、
非常に興味深いです。


レバノン=西アジア・中東に位置する共和制国家。
北から東にかけてシリアと、南にイスラエルと隣接し、
西は地中海に面している。首都はベイルート。


rebabon

やり取りしている人の父親が、会社の経営者(個人経営)で、
年収は、500 000 ユーロ(およそ7000万円)。



えーと、年収ではなくて、売り上げですか?と聞いたところ、
売り上げではなく、年収らしい。(汗)



中国、インド、アラブ首長国連邦などに清掃用の商品を
販売しているそうで、特に、アフリカでの売り上げが大きいそうです。


レバノンの南は、イスラエル。

イスラエルは、ユダヤ商人として非常に有名ですが、
レバノン人も古来より、商売人として有名です。


地中海の要衝で貿易港が数多くあり、ベイルート港は有名。
さらに、もっとさかのぼれば、紀元前1000年くらいには、
フェニキア民族が、地中海一帯の貿易を牛耳ってました。

ペルシャ帝国を滅ぼすために、アレキサンダー大王が、
まず、このレバノン地方を抑えたのも、彼らの海軍力が
怖かったためです。


実は、フェニキア人の歴史は、大好きなので、めちゃ語れます。(笑)
でも、語ると、長くなるので、止めますが。。。。

彼らの歴史は、非常に面白いので、勉強の価値あり。


そういえば、昔、エジプト旅行した際、アレキサンドリアーカイロ間の
列車(一等車)で隣の席だったのもレバノン人でした。


彼も、ドバイに会社を作り、確か、石鹸か何かを売っていると話してました。
エジプトには商用で、列車の中でお茶をおごってもらいました。



いまだに続く、レバノン商人。

中東も興味深いです。



他の海外起業家のブログ。
↓↓
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
いつも読んでいただきありがとうございます!


DVD


■ ブログでは、個人的な海外ビジネスネタですが、
別途、メルマガでも海外ビジネスに関して書いてます。

こちらは、客観的な分析を交え、海外ビジネス、海外情報をお届けしています。
興味があれば、【無料メルマガ】にご登録いただければ幸いです。

メルマガ登録フォームへ


【役立つ海外起業・起業のための書籍・ツール!】
海外起業にあたり、これまで読んだ本、使ってきたサイトの紹介です。
スポンサーサイト

テーマ:起業・独立への道 - ジャンル:ビジネス

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomotopus.blog83.fc2.com/tb.php/915-007b74fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad