フランス起業、移住奮闘記!“Il faut sortir”

留学していたフランスを中心に海外移住の夢実現のため、起業、投資、ビジネスあらゆることを模索していきます。

世界の起業家シリーズ③:リチャード・ブランソン

海外起業家シリーズ、第3弾!

今日は、私が知っている起業家で最も好きな起業家を挙げてみました。

ブランソン

イギリスの多国籍企業ヴァージン・グループ(Virgin Group)率いる
リチャード・ブランソン氏です。


まさに、情熱の塊のような冒険起業家です。

15歳の特に、パブリック・スクールを中退し、
雑誌「スチューデント」を創刊。

その後、レコード通信販売会社「ヴァージン」を設立。

さらに、「ヴァージン」ブランドを使い、まったくの異業種、
ヴァージン・アトランティック航空に進出。


当時、航空機業界を牛耳っていたイギリスのBA(英国航空)に
挑戦状をたたきつけ、しかも勝利。

その後も、携帯産業、鉄道産業など他業種に積極的に進出。


世界の超巨大企業、コカ・コーラー社にも喧嘩を売りましたが、
これはさすがにうまくいかなかったようです。(笑)

宇宙船

また、宇宙旅行事業「ヴァージン・ギャラクシー」社も設立。

とどまることろを知りません。


しかも、経営者としては異端とも思える、
常に他業種に進出し、しかも、会社自体をリスクにさらしてます。


すごいです。


【個人的な彼の成功の分析】
・情熱で不可能を可能にしたこと。
・常にとらわれない自由な発想。
・大企業によっと独占され、顧客が不利益を被っている分野にあえて進出。
(顧客本位のモデル)





毎日の指の運動に、1クリック♪↓

(私は、あなたの健康を応援します。(笑)
スポンサーサイト

テーマ:起業・独立への道 - ジャンル:ビジネス

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomotopus.blog83.fc2.com/tb.php/85-9e512d43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad