フランス起業、移住奮闘記!“Il faut sortir”

留学していたフランスを中心に海外移住の夢実現のため、起業、投資、ビジネスあらゆることを模索していきます。

フランスでは、16歳からビールを飲んでもいい?!フランス事情。

今日、フランス人Aさんと打ち合わせをしました。

その方、イスラム教徒で、実は、今日からラマダンだとか。
しかも、今日から4週間も続くのだとか。。。


太陽が沈むまで、食事を採るどころか、水も禁止!


打ち合わせのために、カフェに入ったのですが、
私は、あまりに暑いため、遠慮なく、飲み物を飲みました。


Aさん、すみません。m(_ _)m



その後、19歳のフランス人Tさんに会いました。

Tさん、腕に刺青(タトゥー)をしてました。
欧米では、刺青(タトゥー)が、若い人の間で流行っていて、
タトゥーを入れている人は多いです。

腕には、漢字のタトゥーがあり、いくらしたの?と聞いたところ、
10ユーロ(1300円)だとのこと。


しかも、Tさん、背中にもかなり大きなタトゥーを入れていて、
15時間もかかったのだとか。。。友達の彫士が入れてくれたので、
友達価格で500ユーロだとのことですが、日本だと、温泉、
ジムなど刺青禁止の場所が多いので、少し気にしているようでした。


個人的には、イマイチ、フランス人のタトゥーに関する
美的感覚が分かりません。あと、フランス語や英語でなく、
漢字を入れる人が非常に多いのも不思議です。



それと、日本とフランスのアルコールに対する事情。

Tさんは、現在19歳。フランスでは、アルコール飲んでもOKです。
でも、日本だと、20歳未満は、アルコール禁止!


ややこしいです。。。

いろいろと話を聞くと、フランスでは、
16歳からビールを飲んでもいいのだとか。

アルコール度数が高いものは、駄目だそうですが。。。。

でも、法律によると、アルコールの購入が禁止なだけで、
飲むことに関しての法律ではないそうです。

だったら、親が買ってきていたアルコールを飲むのは、
法律で言えば、問題ないコトになるのだとか。。。。



と、ちょっとしたフランス事情でした!



他の海外起業家のブログ。
↓↓
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
いつも読んでいただきありがとうございます!


■ ブログでは、個人的な海外ビジネスネタですが、
別途、メルマガでも海外ビジネスに関して書いてます。

こちらは、客観的な分析を交え、海外ビジネス、海外情報をお届けしています。
興味があれば、【無料メルマガ】にご登録いただければ幸いです。

メルマガ登録フォームへ


【役立つ海外起業・起業のための書籍・ツール!】
海外起業にあたり、これまで読んだ本、使ってきたサイトの紹介です。
スポンサーサイト

テーマ:フランス - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomotopus.blog83.fc2.com/tb.php/842-0785b6bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad