フランス起業、移住奮闘記!“Il faut sortir”

留学していたフランスを中心に海外移住の夢実現のため、起業、投資、ビジネスあらゆることを模索していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふと振り返ってみると、現実から目を背けていませんか?

ふと、今日は、これまでのことを振り返ってみます。

恐らく同じような考えを持つ方は多いと思うので、
参考にしてもらえたらと思います。


フランスから留学が終わった後、日本で就職しました。


大学時代に、海外旅行や留学を経て、海外を知りたいという気持ちは
ますます出てきたものの、どこかで就職しないといけなかったのです。

できれば、海外関係の仕事に付きたかったのですが、
なかなかなく、結局、全く海外とは関係ないとある
金融機関の新規開拓の業マンとして、2年。

その後、数人規模のベンチャー企業で、2年。
そして、さらに、別のベンチャー企業で4年勤務しました。


お堅い金融機関からベンチャー企業まで試しましたが、
海外に行きたいという夢はなかなか叶えることができませんでした。

(社員旅行や仕事で年に1回、少し行ければいい程度。)

1か月以上、海外に行きたいというのであれば、
基本的には、退職するまでは無理だということです!


大きな会社より、ベンチャー企業の方が比較的に好き勝手にやらせてくれたし、
新規企画なども採用してくれて勉強にはなったものの、やはり、自分の会社
ではないので、最終的な判断は、社長にありました。

いくら頑張っても、社長の考え一つで、すべてが振り出しになることも。。。

これは、大きなリスクです。。。。


結局のところ、自分自身で人生をコントロールしないといけないなと
思うようになりました。



現実を見ろ、いつまでも夢ばかり語ってと言われることもありますが、
どちらが現実を見ていないのか?と私は思ってしまったりもします。


やりたいことがあるのなら、やればいい。


実は、現実に目を向けていないのは、そういう人達なのかもしれません。


現実①:日本国内だと縮小しているマーケット
現実②:いつ会社が倒産するかもしれないというリスク
現実③:やりたいことをあきらめ、時間だけ過ぎていくという現実
現実④:社長や上司に生殺与奪が握られているという現実
現実⑤:1週間以上、海外に行くことができない現実
現実⑥:給料が大きく上がることがない現実



これらの現実を考えてみると、いつこの問題を解決するのか?


今でしょう!


「時間には限りがある。だから、誰かの人生を生きることで浪費すべきではない。」

(今は、亡きスティーブ・ジョブズ氏の言葉)



まだまだ、やりたいことをあきらめるべきではありません。

今一度、振り返り、何をしたいのか?考えて見てはいかがでしょうか?




と、偉そうに書きました。m(_ _)m

でも、少しでも、考えるきっかけになったのであれば嬉しいですし、
私自身、ふとすると妥協してしまいそうになったり、忘れたりしそうなので、
思うところを書いてみました。


他の海外起業家のブログ。
↓↓
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
いつも読んでいただきありがとうございます!


■ ブログでは、個人的な海外ビジネスネタですが、
別途、メルマガでも海外ビジネスに関して書いてます。

こちらは、客観的な分析を交え、海外ビジネス、海外情報をお届けしています。
興味があれば、【無料メルマガ】にご登録いただければ幸いです。

メルマガ登録フォームへ


【役立つ海外起業・起業のための書籍・ツール!】
海外起業にあたり、これまで読んだ本、使ってきたサイトの紹介です。
スポンサーサイト

テーマ:起業・独立への道 - ジャンル:ビジネス

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomotopus.blog83.fc2.com/tb.php/839-c242bbad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。