フランス起業、移住奮闘記!“Il faut sortir”

留学していたフランスを中心に海外移住の夢実現のため、起業、投資、ビジネスあらゆることを模索していきます。

大人になり失うもの。人って不思議な生き物です。

さて、今日も、小難しい話になってしまいそうですが、
ここ最近、考えていることを書いてみます。


全くビジネスに関係ない話なのかもしれませんが、
よりよく人を理解するということは、最終的に、
ビジネス、人生にも関係してくると思ってます。



で、考えているのは、

なぜ、人は歳を取ると思考が変わるのか?

昔は、夢を見ていたのに夢を失い、好奇心を失うのか??



誰もがかつて持っていた熱い想いが失われていく。
=これが、結局のところ、自分自身の向上心、
成長の妨げになっていると思ってます。



少し前に、こんなブログを書きました。
なぜ、人は、昔と比べると、時が経つのが早いと感じてしまうのか?

これに引き続き、ふと考えたのですが。

大人になるとストレスを持つようになる。

上司に怒られたり、理不尽な要求を突きつけられたりすると。。。。


でも、これって、子供の時も同じで、学校の先生に、
今から考えると、かなり理不尽なことも要求されていたように思います。


例えば、漢字テストで60点未満だと、間違った感じにつき、
100文字を書かないといけない。

お昼の給食を残さず食べるまで、昼休憩なし。。。

高校のクラブなどでは、ハードにしごかれ・・・・・。


同じ内容で、大人になったら、絶対にみんな反発することが、
子供の時だと、なぜか反発を覚えずに受け入れていました。


子供の時は、純粋で素直だったわけです。

子供が大人のように反発してしまっては、学級崩壊です。(笑)
でも、ここ近年、学級崩壊しているというのは、
子供の精神が大人化しているからかもしれません。


ということは、そんな大人たちが集まる社会においては、
同じグループに所属し続けるのは難しいわけで、
離職、転職、うつ病などが起こります。


ふと、子供の時を考えると、

・素直
・言われたことをすべて受け入れる。
・怒らない。怒っても、あとくされがない。
・反論しない。
・変な駆け引きをしない。
・好奇心旺盛


と、大人と比べると、非常に寛容だった気がします。


全ての子供が純粋で、善と悪を知らないまま。

中国の荀子の「性悪説」、孟子の「性善説」にも関わりますが。。。

難しくなるので、これは置いておいて考えるとすると、
子供の時の素直さ、純粋さである大人でいるとストレスもなく、
向上心を持って、人間的に成長し続けることができるのでは
ないだろうか?ということです。



ま、大人になっても、素直すぎると、簡単にオレオレ詐欺に引っかかります。

淡い初恋だったのが、今ではドロドロした不倫関係に。
(私のことではありませんので、ご注意。(笑)


大人になってしまったが上に、失ってしまったものも多く、
でも、なぜか?持ち続けることはできないのか?というのが、
今回のテーマでもありました。




ただ、歳と共に変化する人の思考、嗜好は、
ビジネス上でもやはり関わってきます。


子供向けの食事、大人向け、シニア向けの食事。

子供の時に遊ぶ玩具から大人向けの玩具の変化。

世代ごとの保険商品(生命保険、学費保険など。)



子供の時には、小学4年生、学研の雑誌を読んでいたのに、
中学生になると、マガジン、サンデー。
学生になると、ヤングジャンプ、ヤングマガジンなど、
読む雑誌自体が変わっていくのも嗜好の変化の現れです。

ほんと、不思議ですね!


若干、話がずれて、思いつくまま書きましたが、
引き続き、考えていきたいと思います。


ポチッと、クリックお願いします。(ペコリ)
(海外起業家ランキングは、今、何位?)
↓↓
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
いつも読んでいただきありがとうございます!


■ ブログでは、個人的な海外ビジネスネタですが、
別途、メルマガでも海外ビジネスに関して書いてます。

こちらは、客観的な分析を交え、海外ビジネス、海外情報をお届けしています。
興味があれば、【無料メルマガ】にご登録いただければ幸いです。

メルマガ登録フォームへ


【役立つ海外起業・起業のための書籍・ツール!】
海外起業にあたり、これまで読んだ本、使ってきたサイトの紹介です。
スポンサーサイト

テーマ:起業・独立への道 - ジャンル:ビジネス

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomotopus.blog83.fc2.com/tb.php/813-a43a9126
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad