フランス起業、移住奮闘記!“Il faut sortir”

留学していたフランスを中心に海外移住の夢実現のため、起業、投資、ビジネスあらゆることを模索していきます。

映画をビジネス的な視点で見てみると・・・・。冒険家も起業家も同じ。出口を見つけることができるのか?

昨日、「サンクタム」という映画を見てみました。
http://eiga.com/movie/55949/
(実話に基づいた話らしいです。)


ジェームズ・キャメロンの映画です。

水中洞窟


内容は、巨大水中洞窟を探検中に閉じ込められ、出口を求め、さまよう話。

ま、テーマとしてありきたりなのですが、見終わった後、
よくよく考えると、ビジネスと非常に似ているな。。。と思いました。

リスクを取り、命をさらして、新しい発見に挑む。

当初、メンバーを資金と人材を投入し探検をしていますが、
途中、ハプニングが起こり、洞窟内に閉じ込められてしまう。



ここで、話が急展開。

頼れるのは、自分たちだけになってしまいます。

甘く見ていたメンバーは、何人も死に、百戦錬磨の探検家も、
心が折れて、くじけそうになる。

しかし、それでも、これまでの経験、勘を頼り、生き残るために出口を探そうとする。

死んでいくメンバー、正気を失ってしまうメンバー。

最後は、懐中電灯の電池も、切れ。

酸素ボンベも切れ。

水中の壁の隙間にわずかにたまっている空気を吸いながら、
最後の最後に、光を見つけ、生還する話。



これ、起業時に当てはめてみると、かなりあてはまる内容です。

起業したのはいいければ、当初、あまくみていたメンバーは脱落。

もがき、苦しみ、希望を求め、最後の最後、資金も尽き、あきらめかけるが、
利用できるものを利用し、幸運も味方し、なんとか楽園を見つける。


起業家も、冒険家。


起業するからには、この映画のように必死にならないとダメだな。
と思わせてくれる映画でした。



さすがに、こう書くとやる気をなくしてしまう人もいるかもしれません。

でも、映画の中の冒険家が言っていたように、

「なんで洞窟なのか?」という質問に対して。

「この場所が落ち着くから。そして、生きていると感じることができる。」と返事。


普通の人には、理解されないのですが、リスクを取り、チャレンジすることに満足する。

そういうことなんだろうと思います。



ポチッと、クリックお願いします。(ペコリ)
(海外起業家ランキングは、今、何位?)
↓↓
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
いつも読んでいただきありがとうございます!


■ ブログでは、個人的な海外ビジネスネタですが、
別途、メルマガでも海外ビジネスに関して書いてます。

こちらは、客観的な分析を交え、海外ビジネス、海外情報をお届けしています。
興味があれば、【無料メルマガ】にご登録いただければ幸いです。

メルマガ登録フォームへ


【役立つ海外起業・起業のための書籍・ツール!】
海外起業にあたり、これまで読んだ本、使ってきたサイトの紹介です。
スポンサーサイト

テーマ:海外情報 - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomotopus.blog83.fc2.com/tb.php/770-87ff19c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad