フランス起業、移住奮闘記!“Il faut sortir”

留学していたフランスを中心に海外移住の夢実現のため、起業、投資、ビジネスあらゆることを模索していきます。

外国人を旅館に取り込む方法!冗談かと思いきや、本気で行っている。これ如何に?!

5回勉強会


昨日、とある経営者の方と打ち合わせをしてきました。

その方は、日本の伝統工芸品などを海外へ売りたいと考えている人です。


個人的にも、日本の伝統工芸品、あるいは、日本の旅館など、
海外にはない素晴らしいものを外国人にいかに知ってもらうか?
これをいつかやってみたいと思ってます。


でも、ほとんどの会社は、言葉もしゃべれない、
そもそも外国人にどう売っていくのか分かりません。


しかし、無情にも国内市場は小さくなるばかり。。。。


この状況を打破するためには、個人的には、
外国人客の取り込みだと思っています。



たまたま、今日、旅館を調べていたら、多言語化しているサイトがありました。

でも、よく見ると、お問い合わせは、Japanese Onlyとありました。


宿サイト

これは、ジョークなのか?!と思いましたが、
そうじゃないんです。本気です。。。


英語のサイトまで作っておきながら、問い合わせは、
日本語だけって、正直、ありえないですから。。。。。



せめて、どう問い合わせたらいいのか?サンプル例を書くとか。。。
問い合わせが多い内容のQ&Aを載せておくとか。

なんでもいいので、一言付け加えておけばいいのに、
電話番号の横に「Japanese Only」なんて書かれた日にゃ。
一気に、泊まる気が失せますよね?


日本語で情報が掲載されている海外のホテルのサイトの連絡先が、
ドイツ語、フランス語のみとあるようなものです。


でも、ほとんどの旅館などはこのレベルです。
ここは、英語のサイトを作っているだけまだましですが。。。。



本当にもったいないな。。。。と思う今日この頃です。


ポチッと、クリックお願いします。(ペコリ)
(海外起業家ランキングは、今、何位?)
↓↓
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
いつも読んでいただきありがとうございます!


■ ブログでは、個人的な海外ビジネスネタですが、
別途、メルマガでも海外ビジネスに関して書いてます。

こちらは、客観的な分析を交え、海外ビジネス、海外情報をお届けしています。
興味があれば、【無料メルマガ】にご登録いただければ幸いです。

メルマガ登録フォームへ


【役立つ海外起業・起業のための書籍・ツール!】
海外起業にあたり、これまで読んだ本、使ってきたサイトの紹介です。
スポンサーサイト

テーマ:起業・独立への道 - ジャンル:ビジネス

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomotopus.blog83.fc2.com/tb.php/714-3565beb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad