フランス起業、移住奮闘記!“Il faut sortir”

留学していたフランスを中心に海外移住の夢実現のため、起業、投資、ビジネスあらゆることを模索していきます。

アフリカ人とのビジネス!とある国の大使館の人に会う。

第4回勉強会


今日、以前からやり取りしていたとある
アフリカの国の大使館の方と出会いました。


この人です。⇒ 以前のブログ

やはり、大使館の方、身なりがしっかりして、スーツも決まってました。

映画で見るような感じでカッコいい。


アフリカの国と言っても、アフリカ圏の国なので、
フランス語が公用語です。


実は、アフリカの56か国中、22カ国はフランス語圏。

日本語もペラペラなのですが、フランス語のほうが
良いと言うので、フランス語でやり取りをしました。


ただ、フランス人が話すフランス語とは少しだけ感じが違うように思いましたが、
それでも、アフリカの人とフランス語でやり取りできることに感激です。


そのアフリカの方に聞いた情報。

その国では、まだまだ、日本と言う国は、知られていないそうです。

どちらかと言うと、中国人の方が多くいるので、
日本人も中国人もひとまとめにするとか。


ただ、その国の若者とかの間でジャパンスタイルと言うのが、
人気があったりするそうです。


え?!具体的にはどういうことですか?と聞くと、
ジーパンのズボンのすそを折ったりする着方だとか。

また、別の若者のグループでは、ズボンを少しずらしてはく
アメリカンスタイルとか言う着方も流行っていたりするとか。



ただ、話を聞くと、テレビやファッション雑誌などあるわけでもなく、
どのように伝わったのか?と言うと、どうも日本に来たりする
そのアフリカの国のミュージシャンが持ち帰り、若者に影響を
与えているとか!


意外な方法で、ちょっとびっくり。

アフリカならではの特殊な方法だなと思いました。


ちなみに、その国で何のビジネスがいけそう?と聞いてみたところ。


やはり、不動産がいいようです。

不動産購入し、アパートを建てて、転売するとかいいよ。
と話してました。


他は、交通機関ビジネス。

電車、地下鉄などなく、バスでさえ、不足しているそうです。

日本のバスは、大きいし、それを持っていって、現地に
会社を作って、バス会社なんかも面白いんじゃないとのこと。


一方、ビジネスしにくいのが、鉱山ビジネス。

要は、金、ダイヤモンドとかその手のものは
非常に難しいとのことでした。


将来的には、アフリカなどの国でもビジネスをしてみたいですね!
非常に大きなマーケットだし。


ちなみに、今回は、私のサイトを見て、コンタクトを取ってきてくれました。

まさか、大使館の方とは思いませんでしたが、初のアフリカのお客さん。
(厳密には、大使館の方はお客さんではなく、アフリカにいるお客さんの代理。)

誰かの役に立つというのはうれしいですし、特に今回は、
日本から遠く離れたアフリカの人ですからね!

アフリカとのビジネスもありなんだなと、新しいチャンスがあるようでちょっと興奮。



あと、大使館の人ならいろいろとコネとかツテとかあるのかな。。と思えば、
私のサイトにコンタクトしてきたくらいだから、意外にないのかも知れません。


ということは、案外、そういうところにアプローチして開拓するのもあり?
と思ったりしています。。。。

アフリカ圏の新規開拓!面白そうです。



ポチッと、クリックお願いします。(ペコリ)
(海外起業家ランキングは、今、何位?)
↓↓
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
いつも読んでいただきありがとうございます!



【役立つ海外起業・起業のための書籍・ツール!】
海外起業にあたり、これまで読んだ本、使ってきたサイトの紹介です。
スポンサーサイト

テーマ:海外情報 - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomotopus.blog83.fc2.com/tb.php/683-8e8c01ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2012/06/10(日) 07:13:31 |

FC2Ad