フランス起業、移住奮闘記!“Il faut sortir”

留学していたフランスを中心に海外移住の夢実現のため、起業、投資、ビジネスあらゆることを模索していきます。

フランス大統領選挙の行方!

今日、フランスの次期大統領を決める、
大統領選挙が開催されます。


日本と違い国民が大統領を決めれるのはいいことだと思います。

当然、フランス国民の注目度も高く、多くの人が投票に行きます。


2002年、シラク大統領とジャン=マリー・ル・ペン氏が
最終決戦まで残った大統領選のときに、フランスにいました。


わざわざ、投票するために遠くから地元まで
戻ってきた友達もいて、驚きました


今回、最有力候補は、現大統領のサルコジ氏。

国民戦線のマリーヌ・ル・ペン氏

(ジャン・マリー・ル・ペン氏の3女)

社民党のフランソワ・オランド氏


だとのことですが、フランスの友人曰く、
オランド氏が時期フランス大統領になるのでは?とのこと。



やはり、焦点は移民政策ですね。

以前から深刻ではありましたが、フランスには多くの移民が来て、
大変です。当然、差別なども生まれたりします。。。。


このあたり、フランスで、いろいろと聞きます。。。。


ただ、フランスの友人曰く、日本人も排他的だよとのこと。

え?!お前に言われたくないよ。。と思うのですが、
ま、言われたらそう見えるかもしれません。


外国人観光客へのもてなしや親切心がある一方で、
自分自身の中には、入らせないと言う壁もあります。


自分の家に招いたりしないこととか。


私からすると、それは日本の一種の独特な他人との接し方な気もしますし、
あと、外国人になれていないので、話しかけにくいのではと思ってます。

ただ、外国人から見ると排他的と見られるのかも。。。


フランスはすでに多くの移民などがいて、現実的な問題になってます。
日本は、増えてきたと言っても、まだまだフランスと比べると少ないです。


いずれにしても、今回の大統領選でフランス国民が、
誰に投票するかで、また、分かることでしょう。


あと、今回の大統領選、因縁の対決にもなるのかなと思います。

2002年の大統領戦時、予想外に極右のジャン=マリー・ル・ペン氏が
最終戦まで残り、最有力候補のジョスパン氏が敗れました。。。。


フランス国民の誰もが、ジャスパン氏とシラク氏で対決すると思っていました。
当の本人のジョスパン氏も伏兵だったル・ペン氏にまさか敗れるとは思わず、
失意のあまり、政界から離れてしまいました。。。。

今回は、そのジョスパン氏の後継者のオランド氏。

ル・ペン氏の3女のマリーヌ・ル・ペン氏。



まさか、2002年のように番狂わせの末、
消去法でサルコジさんということになるのかも。。。


一応、友人の意見では、オランド氏が選べれると予想しています。


ポチッと、クリックお願いします。(ペコリ)
(海外起業家ランキングは、今、何位?)
↓↓
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
いつも読んでいただきありがとうございます!



【役立つ海外起業・起業のための書籍・ツール!】
海外起業にあたり、これまで読んだ本、使ってきたサイトの紹介です。
スポンサーサイト

テーマ:フランス - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomotopus.blog83.fc2.com/tb.php/656-dcc40da9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2012/04/22(日) 18:01:18 |

FC2Ad