フランス起業、移住奮闘記!“Il faut sortir”

留学していたフランスを中心に海外移住の夢実現のため、起業、投資、ビジネスあらゆることを模索していきます。

外国語をマスターする方法。

今朝、友人のMが電話をかけてきました。

どうも昨日、10カ国以上の言語を話す外国人にあったらしく、
いたく感動して電話をしてきたようです。

「オレも英語とか話せるようにならないといけないな。。」

と話してました。


あれ?以前は、通訳がいれば話せなくても
十分とか言っていたのですが。(笑)


私としては、言葉を話せるようになるのは、
その国を理解する上で非常に重要だと思ってます。



ちなみに、友人が驚いていたのですが、
私はもともと英語とか得意ではありません。

(どうも、Mは私が得意だと勘違いしていたようです。)

というか、得意どころか、ひどいものです。

中学高校は、赤点すれすれだし、世界史の偏差値が65以上あっても、
英語の偏差値が45以下とかなので、平均すれば偏差値55とか。。
でも、英語の方が比重が大きいし。。。。

私の場合、好きになればとことんはまるし、
好きじゃなければほとんどやらない性質です。
(中学、高校ではまっていたのが世界史です。)

そんな私が、言葉に興味を持ったのは大学に入って、
海外旅行をするようになってからです。


英語は、いまだに苦手なのですが、フランスに留学したこともあり、
フランス語はある程度は、使えます。

ただ、フランス人と話していて、まだまだだな。。と思うこともあれば、
自分でも稚拙な文章力、語彙力だなと思いながら話すことが多々あります。



しかし、それでも、留学したときは、まったく話せませんでした。。。
ので、その頃と比べれば、ぜんぜんいいのですが。


と、友人と、電話で話しながら、当時のことを思い出しました。


フランス留学で、最初に覚えた単語は、

「ゴミ箱」「洗濯」でした。(笑)



ホームステイ先で、ごみ捨てと洗濯に困ったからです。

でも、単語を知らないので辞書を引いて、使い、覚えました。


ある程度、聞き取りができるようになるまで半年。
なんとなく分かってきたなと思うまで1年。

(この頃になると、フランス語で夢が見れました。(笑)

友人と喧嘩できるようになるまで、1年ちょっと。

2年ほどあれば、ある程度まではいけると思います。



ただ、これは人それぞれで、半年あればマスターできる人もいれば、
10年以上も住んでいるのにぜんぜん話せない人もいますし、これは、
その人のやる気次第なのだと思います。

ちなみに、私は、最初に書いたように語学は得意な方ではないし、
まじめでもなかったので、まじめな人は上達はもっと早いかと思います。


唯一、まじめな人より、良かったなと思うのは、
当時、フランス人の友達と遊んでいたことでしょうか?(笑)


でも、そう考えると、他の言語も数年あれば、マスター
できると思えば、難しいようで簡単なのかも知れません。

(マスター=問題なく、話ができるレベル。)

個人的には、あと、スペイン語、ロシア語、アラビア語など
話せるようになりたいです。

私も、友人Mのことは言えず、がんばらないといけないです。(汗)


【補足】
メルマガ読者向けに、無料レポートを作成してみました。
ブログだと、写真が載せれたのですが、メルマガは写真が載せれなかったのが
難点でしたが、PDF形式をダウンロードさせることで、写真付きレポートが可能に!

海外からのレポートも、どんどん作っていけるようになればいいな。
(というわけで、次回は、メルマガで無料レポートプレゼントします。)


ポチッと、クリックお願いします。(ペコリ)

(海外起業家ランキングは、今、何位?)
↓↓

にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
いつも読んでいただきありがとうございます!



4月14日に海外起業勉強会を行います。
↓↓
勉強会


【役立つ海外起業・起業のための書籍・ツール!】
海外起業にあたり、これまで読んだ本、使ってきたサイトの紹介です。
スポンサーサイト

テーマ:語学の勉強 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomotopus.blog83.fc2.com/tb.php/630-b33f693b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad