フランス起業、移住奮闘記!“Il faut sortir”

留学していたフランスを中心に海外移住の夢実現のため、起業、投資、ビジネスあらゆることを模索していきます。

70年経っても、残る戦争の傷跡。

次回の勉強会を公開しました!
↓↓
勉強会


今日は、友人の中国人のKさんに会ってきました。

Kさんこと金さんは、これまでブログでも何度も話題にしてきましたが、
6年以上の付き合いの友人です。そして、一緒に中国人ビジネスも手がけてます。

Kさんネタのブログは、こちら

その金さんから、フランス人ビジネス絡みで使えるんじゃない?
という話をもらい、聞きに行って来ました。


ま、結局、その話、使えるかどうかは別にして、
その後、久しぶりに一緒にいろいろと話しました。

その中で、金さんのお姉さんが、韓国で
半年前に起業したという話を聞きました。



?!?!


あれ、金さんって、韓国系中国人(朝鮮民族)とは聞いていたけど、
お姉さんって中国人じゃなくて、韓国人なの?と聞いたところ。



どうも、中国国籍から、韓国国籍に戻したそうです。

両親も韓国国籍に戻し、金さんだけは、まだ、中国国籍だとのこと。


というか、そもそも何で、中国に行ったの?

と聞いたところ、悲しい歴史がありました。


70年前の太平洋戦争までさかのぼり、当時、韓国に住んでいたようですが、
戦争のせいで、金さんのおじいさんは中国まで来たのだそうです。。。

その後、中国に残り、中国人として生きていたそうです。

でも、先祖のお墓などは韓国にあり、おばあさんが、お墓を
守ってもらいたいので、韓国に戻ってくることを切望したとか。


70年経った今でも戦争の傷跡はあります。。。


私の祖父母は、もう亡くなりましたが、祖父は終戦時は、
マレーシアまで日本兵として、祖母は、被爆者ですし、
小さいときは、戦争の話を聞いたりもしました。



以前、飛行機で隣に座っていたベルギー人のニックは、
日本語を勉強したかったけど、当時、彼の祖母が
インドネシアの収容所にいたとかで、祖母が
日本語を学ばせてくれなかったと言ってました。


年々、当時を知る人は少なくなっていますが、
いまだに傷跡が残っているのは事実です。


だからこそ、そういうことが起きない様に、外国人の文化、
歴史、思想などを理解し無ければいけないと思います。

(最近のイランの問題は悲しい出来事ですが。)


金さんとは帰りの電車の中、ビジネスについていろいろと話し、
ついつい熱くなりすぎて、うるさかったのか、私の隣に座っていた
女性、席を移ってしまいました。m(_ _)m


今度、知り合いの韓国人経営者を金さんに紹介してあげる予定です。

国籍関係なしに、協力し合える関係。それがベストだと思います。


ポチッと、クリックお願いします。(ペコリ)
↓↓

にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
いつも読んでいただきありがとうございます!




【役立つ海外起業・起業のための書籍・ツール!】
海外起業にあたり、これまで読んだ本、使ってきたサイトの紹介です。
スポンサーサイト

テーマ:海外ビジネス - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomotopus.blog83.fc2.com/tb.php/616-7836ffcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad