フランス起業、移住奮闘記!“Il faut sortir”

留学していたフランスを中心に海外移住の夢実現のため、起業、投資、ビジネスあらゆることを模索していきます。

なぜ、イギリス人は、紅茶文化で、フランス人は、コーヒーを飲むのか?

なんで、空は青いのだろうか?

なんで、おばあさんの耳は長いのか?
(あ、これは少し違いますね。(笑)


小さな頃は、そんな疑問ばかりでした。

でも、小さい頃に持っていた好奇心、疑問は
大人になるにしたがってなくなっている気がします。

世界は、まだまだなぞに包まれているのですが。


だから、常になぜ?と考えて、探ると以外に面白い答えが見つかったり、
へー、そういう背景があったのか?とびっくりすることもあります。


元々、大学では世界史を勉強していたので、そういう
歴史の裏に隠された秘密を見つけたときは快感です!


さて、今日は、皆さんを謎解きワールドへご招待します♪


イギリスは、紅茶文化として有名で、誰もが知っていることだと思います。

でも、フランスに留学していた時、食後には必ずコーヒーを飲んでました。

イギリスは、紅茶なのに、なぜ、フランスは、
紅茶ではなくコーヒーなのか???



皆さん、知ってます??


気になって調べたら、面白いことが変わりました。



紅茶は元々、大航海時代、中国からイギリスにもたらされました。

その航海中、お茶が醗酵し、できたのが紅茶です。
(だから、同じお茶でも、紅茶と緑茶、違うのです。)

当時、イギリスでは紅茶は非常に高価なもので、
銀と引き換えに中国から輸入していました!

(多分、ここまでは、高校の世界史でも習ったかと思います。)

では、なぜ、英国貴族は、大金を払っても紅茶を飲んだか?

調べていくと、当時、英国貴族、王族の間に
贅沢病(通風)が、流行っていたそうです。

そして、痛風の症状を緩和できたり予防できるとして、
盛んに喫茶が流行・奨励されたそうです。



しかし、イギリスが紅茶を買い占めたため、フランスやドイツは、
紅茶を手に入れることができず、紅茶の代用品として、コーヒーを
飲むようになり、それが今の紅茶、コーヒー文化のもとになったとか!



いやー。疑問を追及するって面白いですよね!


なぜ、どうして?と思うことが、意外な発見につながりますし、
うまく活用すれば、ビジネスにも応用できるかもしれません。


ちなみに、これを調べている最中にも、また新しい発見がありました。

2008年現在国民一人当たりの消費量ではアイルランドが
イギリスを抜いて世界一となったそうです。


なぜ、アイルランドが??というまた新たな謎の発生です。


そう、我々は、まだまだ知らないことばかり、
世界は謎に包まれています。


でも、いろいろと追求すれば、必ず面白い事実を発見できるはず!

あなたは、どんな謎を今日は、解明しましたか?

振り返れば、謎がある!

是非、謎解きをしてみましょう♪


ポチッと、クリックお願いします。(ペコリ)
↓↓

にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
いつも読んでいただきありがとうございます!



【役立つ海外起業・起業のための書籍・ツール!】
海外起業にあたり、これまで読んだ本、使ってきたサイトの紹介です。
スポンサーサイト

テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomotopus.blog83.fc2.com/tb.php/605-39f626fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad