フランス起業、移住奮闘記!“Il faut sortir”

留学していたフランスを中心に海外移住の夢実現のため、起業、投資、ビジネスあらゆることを模索していきます。

話題のTPPは、チャンスか?破滅への序曲か?

昨日、カフェでコーヒーを飲んでいると、隣で
とある大企業のサラリーマン2人組の話が聞こえてきました。



どうも海外との企業提携を考えているようで、
上層部から海外企業と提携しろとのお達しがあったようです。


彼ら曰く、

あの大手企業でさえ、現地企業と関係を築くのに、
10数年かかったのに、こちらはノウハウないからね。。。

最悪、その会社との提携もありなのかもしれない。

今回の件は、TPPが発端で、海外から安く仕入れて、
日本で売れば利益が出る。

これは、案外、チャンスなのかもしれないな。。。


とか。


ちなみに、環太平洋戦略的経済連携協定、略してTPP。

協定の目標は、2006年1月1日で加盟国間のすべての関税の90%を撤廃し、
2015年までに全ての貿易の関税を削減しゼロにすることであり、産品の貿易、
原産地規則、貿易救済措置、衛生植物検疫措置、貿易の技術的障害、サービス貿易、
知的財産、政府調達(国や自治体による公共事業や物品・サービスの購入など)、
競争政策を含む、自由貿易協定のすべての主要な項目をカバーする包括的な協定となっている。

加盟国間で、域外に対する競争力を強化するために、自由競争の妨げとなる
関税や非関税障壁を撤廃し、経済的な国境をなくすことを主柱としている。

(Wikipediaより参照)詳しくは、こちらをご覧ください。


このTPPの日本加入に関しては、賛否両論があるようですが、
TPP加入されると、各都道府県の農業関係は、数百から数千億円規模で
各県の農業生産額が減少すると見込まれているようです。



北海道では、仮に日本がTPPに参加すると、道内の主力産業である
農林水産業や観光業にとりわけ大きな影響があるため、単年度で道内に
2兆1千億円の影響が出て、約17万人の雇用が失われると試算しているとのこと!



一方で、チャンスであり、一方で、大きな損害が出る。。。


いつどんな状況にも対応できるように様々に考えておくのが大事ですね。


特に、こういう制度の変更は、大きな変化をもたらすので、要注意!



にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
いつも読んでいただきありがとうございます!


バナー

【役立つ海外起業・起業のための書籍・ツール!】
海外起業にあたり、これまで読んだ本、使ってきたサイトの紹介です。
スポンサーサイト

テーマ:海外ビジネス - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomotopus.blog83.fc2.com/tb.php/589-d8a98617
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad