フランス起業、移住奮闘記!“Il faut sortir”

留学していたフランスを中心に海外移住の夢実現のため、起業、投資、ビジネスあらゆることを模索していきます。

経営者の一番頭を悩ますのは、集客問題!

今、読んでいるのは、この本!




いかに、人が来るサイトにするかというための本です。

以前も、ブログに書いたのですが、ビジネスで最も重要なポイントは、
いかにお客さんに自分のサイトを知ってもらうのか?ということだと思います。


自分でもやってみてそう思うし、いろんな経営者の方も
この部分で、かなり困っている人が多いです。

逆に、これができてしまえば、どんなものでも売れたりもします。


例えば、すごく味が悪いラーメン屋でも、立地条件がいいので、
毎日、満席だったりする一方で、味は最高なのに、場所が悪いために
お客が入らなかったり。。。。。


こういう場合は、お客さんに知ってもらうために、雑誌で
取り上げられたりすると立地が悪くても来るようになったりします。

お店に来てもらって味を知ってもらうと言う努力が大事になります。


また、知り合いのKさんの書籍、すごく面白い内容です。
ただ、中を読んでみないと面白いかどうかは分からず、
本屋の棚の置かれている場所により売れなかったり。。。



このようにいくら良いものでも、人の目に触れなければ売れないのです。。

いいものだから、後は、ほっとけば売れる。というのは間違いで、
売るための努力をしないといけないのです。


この本に書いているように裏技的にSEO対策しても、
所詮は一時的なもので、しっかりしたブランディング付けが大事。
というのも納得です。


要は、立地条件が悪くても、おいしいラーメンを提供し、
雑誌に取り上げてもらったりすれば儲かると言うことです。
(ま、立地条件がいい場所であれば問題ないのですが、
起業したてでは、そこに出すお金がないという悲しい事実。)



だから、ネットでビジネスをする場合、お客さんに来てもらえる努力、
SEO対策が重要になってきて、それと同時に、お客さんを満足させる。



当然のようで、これがなかなか難しい。

SEO対策は、地道な努力が必要なので。


さて、ここで少し海外に目を向けてみます。


上記の例で言うと、日本と海外の市場。

日本の市場は、言ってみればラーメン激戦区。

通りにラーメン屋が並び立ち、まずければ数ヶ月以内に消えていく、
おいしいラーメン屋でも経営が難しい。


逆に、海外の市場を例えると、ほとんどラーメン屋がなく、
ちゃんとしたものさえ出せば、ラーメンを食べに来る感じかなと思います。



どういうことかというと、日本のサイトは非常にクオリティが高く、
広告費も、皆、かなりお金をかけている感じです。

一方、海外のサイト、正直、何これ?というサイトがよくあります。

私の最初の頃のサイトも、正直、何これ?というレベルのサイトでしたが、
それでも、フランス人からの問い合わせがあったのには驚きでした!(笑)

あ、これで来るんだ。。。と。

・・・・・・・

・・・・・


スミマセン。なんだか、最初のテーマと違う内容になっていますね!

いつも思うところをずらずら書いていくので、よく脱線したり、
書きながら考えが変わっていったり、発見したりするので、
まとまりがないです。m(_ _)m


要は、

一番の問題は、いかにサイトに来てもらうようにするか!


解決策としては、しっかりしたSEO対策。(本の内容。)

あるいは、誰も進出していないニッチマーケットで勝負。
(脱線した内容。)


こんな方向がどんどん外れるブログを書いていると、
読者が離れていかないか?不安になりながら、
「てやんでい、うちのラーメンに文句あっか?」的な感じで、
好き勝手ブログを書いている私をお許しください。


ま、気づいているだけましなのか。。。。。



にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
いつも読んでいただきありがとうございます!



【役立つ海外起業・起業のための書籍・ツール!】
海外起業にあたり、これまで読んだ本、使ってきたサイトの紹介です。
スポンサーサイト

テーマ:起業・独立への道 - ジャンル:ビジネス

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomotopus.blog83.fc2.com/tb.php/583-b4860b24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad