フランス起業、移住奮闘記!“Il faut sortir”

留学していたフランスを中心に海外移住の夢実現のため、起業、投資、ビジネスあらゆることを模索していきます。

株価、為替の動きで見る来年の世界のビジネス環境は?

今年、最後のブログを書いてみます。

残すところ数時間で2011年も終わり。

なんだか、今年も早かったように思います。。。。


ここ数年、毎年激動の年を迎えていますが、
来年も激動の年になる予感です。。。。


今回は、投資、世界経済の観点から、
年明けの経済を占っていようと思います。

(今は、起業に興味がありますが、前は投資を10年
近くしていたので、やはり今でも気になります。)


年明けといえば、4年前、株価の急落が始まりました。
バブルがはじけたときもそうでしたが、年明けは要注意です。


ここしばらく細かい分析はしていませんでしたが、
アメリカの株価は堅調で、アメリカ系は比較的落ちついているものの
中国市場、インド市場、ベトナム市場などの東南アジアの株式は、
年末にかけて結構下落しています。。。

気になるヨーロッパ市場は、意外に安定、どちらかというと上向きか?


アメリカ経済は固く、東南アジアはかなり不調。欧州は、安定。
株価だけだと世界経済が崩壊するという連鎖性は見えないです。



次に、気になるのは、年末最後にユーロがついに100円を切りました!

ユーロはドルに対しても弱く、ユーロ安の展開はまだ続きそうです。。

他の通貨からは、ユーロほど大きなトレンドは見れないものの、
年末最後の取引で円が買われたのはちょっと怖い動きです。


次に、金、原油などの先物市場の動きを見てみます。

投資されたことがない人には関連性はないように思いますが、
非常に連動しています。また、先物の動きはビジネスにも
直接影響することが多いので要注意です。

(たとえば、原油価格の変動で影響を受ける航空機産業、観光産業、
自動車産業などは当然ですが、多くのものの値段が上がる原因です。)

金価格

原油は安定しているのですが、金価格はきれいな上昇トレンドが崩れました。

これが何を意味するのか?

これまで、通貨不安で金へ逃げる傾向がありましたが、
その通貨不安が収まったのか??原油は高値で止まっていることから
先物市場からの資金流出ということでもなさそうですが。。。


上記から考えると、どっちに動くかは微妙です。

ユーロ安が続き、アジア経済は不調?アメリカ経済へ資金流入。

世界経済崩壊というのは、現時点ではない。



というところが、個人的な読みです。

ただ、読みはあくまで読みで状況によってすぐに変わるし、
最近は、毎日、経済動向を見ているわけではないので、
精度はかなり落ちるので、あくまでご参考までに!


ただ、こんな感じで経済動向からビジネス動向を分析すると、
見えないものも見えてくるので面白いです。

今後、起こりうるビジネスへのリスクに対処できます。



最後に、日本市場で言うと、今年は年初から17%の下落だそうです。

特に大手の株価の下落は、目だち、

野村証券 500円 → 233円
(経営破綻するのでは?との話も聞きます。。)

東電 2000円 → 183円

オリンパス 2500円 → 1012円



これはきついです。。。
正直、大企業が安定しているという神話は崩壊してます。

株主の方もそうですが、そこで働く人なども企業の株価は、要注意です。


不安定で激動の時代が続きます。

だからこそ、生き残るために努力しないといけないですし、
チャンスはどこにでもあるので、やり方しだいだと思います。


また、激動だからこそ、これまでの発想を大きく変えれば、
大きなチャンスを手にすることもできると思います!



と、最後はポジティブに締めくくりたいと思います!

あと、かなりマニアックなブログになりました。
これは起業日記ではなく、投資日記ですね。(笑)


こんなブログに今年も付き合っていただき、
ありがとうございました。

また、懲りずに来年もよろしくお願いします。


それでは、皆さん、良いお年を!

そして、来年は今年よりもより良い年に!




バナー




にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
いつも読んでいただきありがとうございます!



【役立つ海外起業・起業のための書籍・ツール!】
海外起業にあたり、これまで読んだ本、使ってきたサイトの紹介です。
スポンサーサイト

テーマ:海外ビジネス - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomotopus.blog83.fc2.com/tb.php/578-ac3aa2d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad