フランス起業、移住奮闘記!“Il faut sortir”

留学していたフランスを中心に海外移住の夢実現のため、起業、投資、ビジネスあらゆることを模索していきます。

海外ビジネス検証②優秀な外国人の力を使おう!

海外ビジネスについてもう少し検証してみたいと思います


海外起業、海外ビジネスなんてハードルが高いし、
日本人向けビジネスをしているから関係ないや!
と思っている方。

海外ビジネスと言っても、何パターンかあります。

1・現地の外国人を相手にするビジネス
2・現地の日本人を相手にするビジネス
3・日本に来る外国人を相手にするビジネス
4・会社のサービス、生産を海外に委託するケース
5・海外から物を仕入れるビジネス


など。

いろんなケースが考えられます。

たぶん、一番難しいのは、現地にいる
外国人相手にビジネスをすることでしょう。



この中で、海外ビジネスなんて関係ないやと思っている
日本企業も使えるのが、4番目のケース。


いわゆる、アウトソーシングです。


たとえば、知り合いの経営者、SEOなど手がけているのですが、
カンボジアに業務を移し、そこでSEO対策をしています。


なぜなら、SEOは言ってみれば、いかに地道に
作業をこなすかということなのだそうです。

しかし、カンボジアなら簡単な日本語ができる
カンボジア人を月一万円で雇えるとか。


1人の日本人(月給20万) VS カンボジア人20人

と言う構図です。

どちらに軍配があがるでしょうか?


話のついでに書きますと、
日本に来ている外国人も優秀な人は多いです。


発展途上国から来ている外国人などは特に、
政治家の息子、娘と言う人もいます。


日本に来ているフランス人に関しても、結構、優秀な人が多いのですが、
日本語がうまく話せないために、バイトなどをしている人がいます。

(バイトさえもうまく見つからないことも多いです。)


こういった埋もれた外国人を発掘するのも、良いかもしれません。

あと、フランスで言うと、大学より上位のグランドゼコールの
3年生は、海外に一定の期間、企業研修をしなければいけません。


つい先日も、受け入れ先はないか?と知り合いに聞かれました。
また、そういうメールも来たりします。

個人的には、そういった外国人のために何かできないかな。。
と考えているのですが、まだ解決策は見つかりません。。


少し話がずれすぎた気もしますが(笑)、
要は、外国人の力をうまく利用するのも
海外ビジネスの一種と言えるでしょう。




にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
いつも読んでいただきありがとうございます!




【役立つ海外起業・起業のための書籍・ツール!】
海外起業にあたり、これまで読んだ本、使ってきたサイトの紹介です。
スポンサーサイト

テーマ:海外ビジネス - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomotopus.blog83.fc2.com/tb.php/565-6a5137b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad