フランス起業、移住奮闘記!“Il faut sortir”

留学していたフランスを中心に海外移住の夢実現のため、起業、投資、ビジネスあらゆることを模索していきます。

先進国の人口増加率。次に狙うべき国は?海外ビジネス検証①

私の周りには、なぜか海外とビジネスをしている人、
海外でビジネスをしている人が多いのですが、
一般的には、超マイナーなのかなとも思います。



私が好きな海外旅行もそうですが、以前やっていた海外投資もそう。

私にとっては普通なのですが、他の人からすれば、
かなり変なのかな?と疑問に思うことがたまにあります。


そんな訳で、今日は、海外起業、
ビジネスの普及にいそしもうと思います。(笑)


海外とのビジネス。


これは当然ながら、日本の人口が減少し、
縮小していくマーケットの中、狙うべきは、
拡大しているマーケットです。



多分、これに関しては、誰もが賛成してくれるはずです。


では、どこか?というと、当然、
人口が増えている発展途上国になります。



先進国も大きなマーケットに違いはありませんが、
日本と同じく、成熟産業、人口縮小に悩まされています。


国連のデータによると、2100年に向けての人口増加率。
(世界平均、46.8%)


先進国で言うと、

アメリカ:54.0%
フランス:29.7%
スウェーデン:26.4%
英国:22.0%


と、移民など受け入れている関係か?人口が増える国もあります。

※ただ、注意点としては、フランス。人口は移民で増えていても、
現在の問題点はDélocalisation。要は、企業が賃金が安い東欧などに
移転を進めているため、仕事がない状態です。

これは、ユーロ圏になったため、より企業の移転が進むようになり、
大きな問題となっています。ですので、先進国の人口増は、
経済的にはいいとも言えないかもしれません。


そして、日本は、-27.8%です。


ちなみに、タンザニアは、2100年までには今の人口の約6倍。
その他、アフリカ諸国の人口も数倍増加するようです。


これは意外だったのですが、中国は、
2100年までには、今の人口の-29.8%となり、
インドが世界で最も人口が多い国になるそうです。


以上より、やはり日本のマーケット縮小は顕著で、
拡大するマーケットを狙うのはビジネス上大事です。


ただ、現在、多くの人が狙っている中国も将来的には減少しているので、
長期的な戦略で行くならば、インド、アフリカ諸国などが人よりも
早く進出しておけば面白いのかもしれません。



引き続き、海外ビジネスについて検証していこうと思います。



にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
いつも読んでいただきありがとうございます!




【役立つ海外起業・起業のための書籍・ツール!】
海外起業にあたり、これまで読んだ本、使ってきたサイトの紹介です。
スポンサーサイト

テーマ:海外ビジネス - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomotopus.blog83.fc2.com/tb.php/564-0740daee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad