フランス起業、移住奮闘記!“Il faut sortir”

留学していたフランスを中心に海外移住の夢実現のため、起業、投資、ビジネスあらゆることを模索していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ、ヨーロッパには、秋葉原のような地区が存在しないのか?

前回の続きです。

秋葉原を案内して驚くスイス人の友人に対して、ふと疑問に思いました。

確かに、フランスやスイスでは、日本の秋葉原、新宿、
渋谷のようなビルが立ち並んだ地区はありません。。。


では、それはなぜか?

スイス人R曰く。

そもそも、ヨーロッパの都市は、日本のように人口が密集していない。
だから、秋葉原のような地区ができにくく、いくつかの専門的な店が
点在するのみだそうです。



確かに、言われてみれば、フランスではパリはある程度、
人口は多いものの、その他の都市は、人口数十万人程度です。

だからこそ、その都市圏の人が消費者になるわけで、
専門的な店はあったとしても、顧客は限られるわけです。

(東京だと1200万人が東京に来ることができます。地方都市でも100万人はいます。)

パン屋、スーパー、衣料品など生活必需品の店はあっても、
秋葉原のような電気専門店が立ち並ぶと言うのは、消費者が
少ないので、無いと言うわけです。


実際、もう一人のフランス人のSも、15年前にパソコンを購入する際に、
わざわざパリまで出かけて言って購入したのだそうです。


そのほうが、地方で購入するよりも、安く、いろんな種類があったのだとか。


ただ、この傾向は、今では大きく変化したそうです。

理由は、ネットで購入できるようになったこと!


ネット販売のおかげで、消費者は様々なものを
購入することができるようになりましたが、いまだに
地方都市は、東京のような電気街などはありません。

地方都市だけでなく、ヨーロッパの主要都市でも難しいそうです。


この辺、同じ先進国と言えども、状況は多く違います。
(アメリカは、都市への人口集中があるので、日本と同じと言えるでしょう。)

しかし、こうして話を聞くと、かなり根本的な考え方を変えないといけないです。。。


ちなみに、スイス、フランス人がお金を多く費やすものは、
車、不動産、そして、旅行だとのことです。



びっくりした!と思う人は、こちらもクリック!
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
いつもお読みいただきありがとうございます。
また、これからもよろしくお願いします!


【役立つ海外起業・起業のための書籍・ツール!】
海外起業にあたり、これまで読んだ本、使ってきたサイトの紹介です。
スポンサーサイト

テーマ:海外ビジネス - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomotopus.blog83.fc2.com/tb.php/528-ce5a4e50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。