フランス起業、移住奮闘記!“Il faut sortir”

留学していたフランスを中心に海外移住の夢実現のため、起業、投資、ビジネスあらゆることを模索していきます。

フランス人画家から学んだビジネスの極意!

コルシカ島とはお別れです。

たった4日間の滞在でしたが、今回の旅行の中では
一番密度の濃い滞在となりました。


コルシカ島では、画家のセルジュ一家の家に滞在しました。

セルジュ


滞在中、画家のセルジュにいろいろと案内してもらったり、
特に、芸術についていろいろと教えてもらいました。

彼からは、いろいろと学ぶことが多く、
40年以上も芸術を追い求めてきたその言葉は、
ある意味、ビジネスにも通じるところがあります。



実は、私が、起業について考えるきっかけになった、
2年前、彼と話した中で印象深い言葉がありました。

セルジュは、言いました。

「男として生まれたからには、何か形になるものを作らないといけない。
私の場合は、芸術だ!想像し、そこから新しく作るということは楽しい!」

と、

この言葉は、非常に印象深いものとなりました。

私も、このあたりから自分のアイデアを
ビジネスに試すという行為が楽しくなり始めました。


土俵は、違えども、共通するものはあるのです。


今回の滞在中、セルジュが私に語った言葉は、

①:「一番にならないと意味がない。」

②:「新しいものを作るためには、壊すことも必要だ!」

③:「大きなことを成し遂げるには、まず、小さなことから始めなければいけない」

④:「働くという行為の中で、最も難しいのは考えることだ!」



ある意味、私にとってセルジュはメンタなのかもしれません。
なぜなら、その言葉の中に、真髄が詰まっているからです。


例えば、①については、セルジュは2年前の日本の旅行以来、
彼の芸術スタイルを大きく変えました。これまでの絵は、
クラッシックな絵でしたが、今は、書道を取り入れた現代アート風な絵です。


セルジュ5


構想自体は、40年前からあったそうですが、早すぎたので、
自分の中で温め続けてきた芸術スタイルだったとのこと。

彼曰く、一番にならないと意味がない。これまでのスタイルは、
言ってみれば、誰もが描くクラッシクな絵。

新しく何かを創造してこそ、一番になれる。

ピカソ、印象派の画家もそう。

ただ、売れるからといって、誰かの真似をしても意味はない。
最初に始め、一番になってこそ意味がある!



②:「新しいものを作るためには、壊すことも必要だ!」

とある絵を見せてくれました。

セルジュは、その絵を気に入っていないようでした。
確かに、他の絵と比べても、見劣りする絵でした。。。

セルジュは、カッターを取り出しました。

てっきり、破くのかと思っていたのですが、
その絵を分解し、貼り付けると、組み合わせると、
同じ絵でも、まったく違うものになりました。

セルジュ1


セルジュは、言いました。

新しいものを作るためには、壊すことも必要だ。
そうすると、これまで見えなかったものが見えてくる!



③:「大きなことを成し遂げるには、まず、小さなことから始めなければいけない」


アインシュタインは、大きなことを成し遂げたが、
彼がしたことはたったシンプルな数式を考えただけ。

それが、大きなものを作り上げた。

シンプルで、効率がいいものが、大きなものを作り上げる。


④:「働くという行為の中で、最も難しいのは考えることだ!」

セルジュ2


絵を描くのは、実は、簡単な作業だ。でも、どういう風に絵を書くか?
それを考えるのが、最も難しいことだ。



など、上記の言葉、ビジネスにも置き換えることができます。


今では、数多く賞を取ったり、絵を売ったりしていますが、
もっとSANTARELLI Serge 偉大な画家になって欲しいです。



セルジュについては、興味深いので、もう少しブログに書いてみます。


興味深かったら、是非、クリックしてください。また、コメントもお待ちしてます。
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
いつもお読みいただきありがとうございます。
また、これからもよろしくお願いします!


ただいま、質問受付中!

ヨーロッパビジネスに関する質問、フランス人に聞きますので、
質問ください。問い合わせは、こちら



【役立つ海外起業・起業のための書籍・ツール!】
海外起業にあたり、これまで読んだ本、使ってきたサイトの紹介です。

スポンサーサイト

テーマ:フランス - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomotopus.blog83.fc2.com/tb.php/501-8d8d1a4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad