フランス起業、移住奮闘記!“Il faut sortir”

留学していたフランスを中心に海外移住の夢実現のため、起業、投資、ビジネスあらゆることを模索していきます。

フランスの老人ホームに行ったみた。時は無常に過ぎていく。

時は流れる。

chambery


今、留学していたフランスの町に滞在中ですが、
風景は変わっていないものの、時は流れたなと、
感じることがあります。


2年訪れたときと、大きく変わったのは、特に、人です。


oxsan


昔、散歩によく連れて行っていたホームスティ先の犬、
今では、もう足腰が弱り、散歩に行けなくなっています。

親友Cの飼い犬は、死んでいました。


友人達は、そんなに外見は変わっていないのですが、
40代以上の知り合いの中には、2年会わないうちに、
結構、老けたなと思う人が多かったです。

日本人は、欧米人と比べて、若く見られることが多く、
ある意味、それはラッキーなのかもしれません。


私は、いつまで経っても、以前と変わらないね。と言われます。
(いいことか、悪いことか知りませんが。(笑)

そんな時、日本食を食べているからだ。と冗談を言いますが。


そして、今日、親友Cのおばあちゃんが、入院していると
聞いたので、親友Cとその妹の3人でお見舞いに行きました。


行く前に、親友からは、2年前とはだいぶ変わった。
何を言うか分からないが気にするな。と言われました。


私が、覚えているのは、非常に頭がよく、話好きなおばあちゃんでしたが、
お見舞いに行った病院は、痴呆症の老人がいる病院で、私が覚えている
彼女とはかなり違い、やせ細り、以前の気丈な彼女ではありませんでした。

たった2年でここまで変わるのか?と唖然としました。
正直、ショックでした。。。。


面会した後、医者の説明を親友と一緒に聞きました。
(家庭内の問題なので、外部の私が聞く話ではないのですが、
家族同然の付き合いをしていたので、同席させてくれました。)

医者の話は、当然、フランス語だったのであまり理解は、
できませんでしたが、自宅に帰ることは難しいとのこと。

2008年から進んでいた病状は、今年になり急に悪化し、
お腹がすいていることさえ、忘れしまうなど病状は進んでいるそうです。


留学した時から12年。


変わったこともあれば、変わらないこともある。。。

ただ、古きよく時代は過ぎていき、新しい時代が来る。


無くなることが多くなっていく昨今ですが、
それ以上に、新しく作っていくことは大事だなと思います。

そして、今、この時を大切に生きて生きたいものです。



他の海外起業家のブログ一覧はこちら。
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
いつもお読みいただきありがとうございます。
また、これからもよろしくお願いします!


ただいま、質問受付中!

ヨーロッパビジネスに関する質問、フランス人に聞きますので、
質問ください。問い合わせは、こちら


メルマガでも、フランスで見つけたビジネスを掲載する予定。
スポンサーサイト

テーマ:フランス - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomotopus.blog83.fc2.com/tb.php/486-eb79daa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad