フランス起業、移住奮闘記!“Il faut sortir”

留学していたフランスを中心に海外移住の夢実現のため、起業、投資、ビジネスあらゆることを模索していきます。

石の上にも3年。ビジネスの上には?年。

ふと、昨晩、本をベットの上で読みながら思いました。

そういえば、ここ最近、既存のビジネスモデルばかり
目が行っていて、新しいビジネスモデルを考えていなかったなと。。


一つのことばかりに集中するのもいいのですが、集中しすぎると、
視野が狭くなり、いろいろと考えることが出来ません。



逆に、これまで、他の事をやっていて、それが、
既存のビジネスの助けになってくれたことが多々ありました。


だから、新しいビジネスモデルを検討しようと思います!


そして、昨日、読んでいた本の中にこんな言葉がありました。


ビジネスや投資で成功するために最も大事なものは、「粘り強さ」!

10年実践し、9年は失敗続きで、10年目にようやく儲かるようになる。

また、有名な脳外科医が、例えば、自分とは関係のない
心臓外科医になるには、やはり時間がかかる。


結局のところ、学ぶためには時間がかかり、
勉強するということが大事だと言うことです。



それで、ふと私も振り返ると、今は、起業に興味がありますが、
その前は、投資にすごくはまっていました。

大学2年ころから株式投資をやり始め、最初の就職先は、
証券会社の営業、それからいままで金融系です。


仕事以外でも、個人で、日本株から外国株、FXに商品先物、
オプションなど様々なものを勉強し、毎日、トレードノートをつけ、
朝6時におきて、NY市場をチェックするなどやり、本当に
儲かるようになったのは、株をやり始めてからで言うと、7年後でした。


7年してようやく自分なりの投資手法を確立したのですが、
今は、起業に興味があり、投資は止めることにしました。


なぜなら、起業の方が、リターンが大きいと考えるようになったからです。
(あと、飽きてしまったのと、毎日、相場を見るのに疲れました。(笑)

世界の大富豪のほとんどが、創業者、企業家なのが、その証拠だと思います。


そんなわけで、まだまだ初心者なのですが、とにかくやるしかないですね。。。


ちなみに、私が投資の大きく一皮向けたなと思った出来事がいくつかありました。


1:たまにしか見なかった相場を毎日見続けるようにしたこと。
(最初の会社を止め、就職活動中の時)。

2:これまでの自分の方法を思い切って捨ててみたこと。

3:毎日、トレードノートをつけるようになったこと。



これを起業に当てはめると、

起業について、毎日考え、いろいろなアイデアを試し、
時には、自分の発想を思い切って変えてみて、
日々、ノートをつけていくこと。


なのかな。。と思います。


追伸:
友人からはなぜ、投資をやめたの?もったいない。と言われるのですが、
個人的には、後悔なし。




【役立つ海外起業・起業のための書籍・ツール!】
海外起業にあたり、これまで読んだ本、使ってきたサイトの紹介です。


応援よろしくお願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
いつか大きな木になるかも!
スポンサーサイト

テーマ:起業・独立への道 - ジャンル:ビジネス

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomotopus.blog83.fc2.com/tb.php/390-6848f582
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad