フランス起業、移住奮闘記!“Il faut sortir”

留学していたフランスを中心に海外移住の夢実現のため、起業、投資、ビジネスあらゆることを模索していきます。

韓国人起業家、経営哲学を語る。

昨日、韓国人経営者のKさんと一緒に飲みました。

彼がどのように起業し、成功し、今に至ったか?
いろいろと聞くことができました。


Kさんは、現在、日本で会社経営し、50名の社員を抱えているそうです。
(最初は、10名くらいかと考えていたのですが、
意外に多いのでちょっとびっくりしました。)

50名の社員を抱える経営者であるにもかかわらず、
すごく気さくで、掃除なども自らがする人です。


彼曰く、まず自分がやらないと分からないし、
人に指示を出すことができないから掃除もする。と言います。


韓国の人ってここまでざっくばらんなのか?たまたま
この経営者がこんな性格なのか?は分かりませんが、
現在の会社がどのくらいの利益を生んでいて、自分の給料が
このくらいで、それ以上だと税金が高いが、法人で車や家賃を
支払えばいいなどの税金対策などもろもろ包み隠さず話してくれます。

これまであんまりあったことがないタイプの経営者です。


そんなKさんがよく言うのは、信頼が大事で、
人と人とのつながりは、最終的に自分に利益をもたらす。


例えば、お金なども数百万円くらいだと知り合いに言えば、
すぐに貸してくれるし、相手が困っていたら、自分も貸す。


それは、そこに信頼関係があるからだ。と言います。

貸し借りの際は、利息も取らないそうです。


そして、チャンスは誰にでもあると言います。

例えば、ポーカーを1日中やったとすると、
誰にでも平等に勝てるチャンスが来るそうです。

でも、一番最後に勝っているのは、そのチャンスが回ってきた際に、
いかにチャンスをつかみ、たくさんお金を稼ぐか?ということで、
最終的な勝敗が決まる。


だから、そのチャンスが来たときは、とことん勝負し、
チャンスが来ていないときは、耐えるしかないんだ。と言ってました。



ただ、そんな彼の悩みは、家族を今、韓国に残していること。
そして、これまで遊ぶことをしてこず、どう遊べばいいか分からないし、
仕事を好きでやってきているが、ほかにも何かあるのでは?
ということらしいです。


韓国人の経営者の考えが聞けて、勉強になりました!
これも何かの縁だなと思います。




【役立つ海外起業・起業のための書籍・ツール!】
海外起業にあたり、これまで読んだ本、使ってきたサイトの紹介です。


応援してください!私もがんばります♪m(_ _)m
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
いつか大きな木になるかも!

スポンサーサイト

テーマ:海外ビジネス - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomotopus.blog83.fc2.com/tb.php/313-2323e32a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad