フランス起業、移住奮闘記!“Il faut sortir”

留学していたフランスを中心に海外移住の夢実現のため、起業、投資、ビジネスあらゆることを模索していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人(フランス人)が見つけたニッチビジネス!①

お待たせしました!続編です。

マニアならではスゴイ収益性が望めるとはどういうことか??

ここに、日本とフランスの違いがあるのです!(ここが肝心!)


①:日本とフランスではパッケージなどの作りが違う。


ゲーム好きな親友C曰く、同じゲームでも、
日本とフランスではパッケージなど違うのだそうです。

パッケージ以外に、コレクター向けの限定商品は日本だけだったり、
フランスで販売されているゲームは、フランス語バージョン。
マニアは、日本語バージョンが欲しいそうです!


②:オールドゲームにチャンスあり!


オールドゲーム、つまり、ファミコン、PCエンジン、ネオジオなど
1980年、90年代のゲームを集めるコレクタターが実はたくさんいます。

しかし、フランスにはほとんどありません。
一方、日本では、物によっては100円前後で売られてます。


ここに格差が生じてます。

当然、数が少ないフランスのほうが値段は高くなります。


どのくらい違うかといえば、日本で売られている
ゲームの価格の5倍~10倍するものも中にはあるとか。

去年、親友が来日した2週間でゲーム屋を歩き回り、
購入したカセットは、このとおり。。
(証拠写真)

ゲーム


ちなみに、これは販売用ではなくすべて自分のコレクション用だそうです。(笑)
寺社、仏閣を見るより、ゲーム屋巡りを楽しんでました。


実際、この価格差を利用してビジネスをしているフランス人は多いそうです。
(日本人がいないところが面白いところです。)

方法はといえば、日本へ旅行に行った際に、
かばん一杯にゲームを買いあさり、帰国後、
フランスで売るのだそうです。

他に、日本に滞在しているフランス人が買い、
向こうの友人に送るということもしている組もあるとか。

東京ではすでに外国人が買いあさっているので値段は上昇し、
大阪のほうが安く買えるので、大阪にあえているフランス人もいるそうです。


このビジネスモデル、実は、8年位前に、
親友と冗談で話していたことがありましたが、
当時、私も親友も話だけで終わりました。


今は、過当競争になり、参入するのは難しいのですが、
もしかするとチャンスを逃してしまったのかも。T_T


【注意点】
このビジネスの難点は、どのゲームが
人気があるのかを見極める目が重要だそうです。
どのゲームでも良いというわけではありません。

また、あまりに多くのゲームが流出し、一部ゲームによっては
海外のほうが安く、日本の方で品薄という状況もあるようです。


追伸:
昨日、ちょっと面白いビジネスアイデアを見つけました。
少し掘り下げて考えてみようと思ってます。


追伸の追伸:

はまるととことんはまる私です。今回のブログのようについ書きすぎてしまったり。
いい面もあれば、時に自自身を不幸にしてしまうことも。。
思いついたら、抑えれない性格、たまに悩みます。。


スポンサーサイト

テーマ:ビジネスアイディア - ジャンル:ビジネス

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomotopus.blog83.fc2.com/tb.php/27-8a734961
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。