フランス起業、移住奮闘記!“Il faut sortir”

留学していたフランスを中心に海外移住の夢実現のため、起業、投資、ビジネスあらゆることを模索していきます。

世界を席巻する日本のアニメ!そして、外国人が目を付けたビジネスとは?

少し前に書いた日記の中で、
「日本人はいいものがあるのに気付いていない!」
という内容の例を今日はあげてみます。

最近で言うと、宮崎駿の「ぽにょ」が全米で絶賛されているように、
日本のアニメ、マンガは世界を席巻しています。


これは冗談でもなんでもありません。

ただ、どこまですごいのか?というのは、実際に海外で
体験しないとなかなかわからないものがあると思います。

私も留学する前は、そんなに実感はありませんでした。


私の友人の多くはアニメ好きですし、アニメやゲームを
きっかけに日本語を勉強している人も多いです。

2000年ごろのフランスの書店では日本のマンガはまだ少なかったものの、
年々、翻訳されたマンガの量は増えていってます。

遊戯王

2002年のころ、当時、「遊戯王」というアニメが
フランスで流行っていてそのトレーディングカードが大流行でした。


小学生、中学生くらいの子供がめちゃめちゃはまっていて、
地方の売店のカウンターになんと日本語のトレーディングカードが
日本の価格の3倍で売られているのにはびっくりしました。
(言ってみると、日本のコンビニのレジの横にフランス語の
トレーディングカードが置いているという感じです。)


「日本語なのにどうやって遊ぶんだい?」と親友の甥っ子に
質問するとネットで調べて使うんだとか。。。


日本人からみると、当たり前のように存在するアニメやマンガ。
当たり前すぎて、そのすごさに気付かない。灯台もと暗し状態。


しかし、一方で、これに気付いた外国人(フランス人)は、
ビジネスにしていると友人は言います。


どんなビジネスかと言えば、日本のゲームを輸入しフランスで売るというもの。

これだけだと、単なる普通のビジネス。
どこに旨みがあるんだと思われると思いますが、マニアならではの
スゴイ収益性が望めるビジネスが潜んでいるんです。



これ書き出すと、かなりの量になってしまうので、
次回にしたいと思います。


スポンサーサイト

テーマ:海外にて日本を考える - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomotopus.blog83.fc2.com/tb.php/26-21982e7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad