フランス起業、移住奮闘記!“Il faut sortir”

留学していたフランスを中心に海外移住の夢実現のため、起業、投資、ビジネスあらゆることを模索していきます。

起業の難しさ!

これは何度、同じことを書いたでしょうか?

ビジネスモデルを作り上げるのは、
難しいなと思うことはたびたびです。


ただ、私の場合、まだ週末起業的に週末や仕事終わりに、
ビジネスモデルを考えているので救われていると思います。

というか、保険をかけているので、ある意味、卑怯?
やるなら、徹底的にした方がいいと思うものの、
そこは臆病な私です。

ちなみに、先日、たまたま占い師の人と知り合い、
生年月日を見てもらうと。

「普通の人より、考えすぎますね。」と言われました。

確かに、めちゃ考えます。
逆に、何も考えない人をうらやましく思うことさえあります。
(特に、恋愛面では。(笑)


話はそれましたが、1ヶ月前から進めていた
Aプロジェクトが、ようやく稼動に移せそうです。。


一方で、検討中だったPプロジェクト、
および、Iプロジェクトは頓挫状態。



なかなか難しいな・・・・。

アイデアに関しては、先日、フランスの友人と話したように、
やはり、物販よりサービス分野で攻めていった方がいいかと
思ってます。

すぐに収入があるのは物販ビジネス。
しかし、長期的に見れば、やはりサービスビジネス。


悩ましいところです。。。


ちなみに、今、ちょうど、「Facebook」の本を読んでます。
どのようにして、創業者マークが、Facebookを立ち上げようと思い、
その過程の問題点、裏切り、ベンチャーキャピタルとのかかわりと興味深い。


読んでいるうちに、思ったのは、やはり、マークもその他、
Googleやyoutubeの創業者同様、お金優先と言うより、
面白さを優先させていたようです。



大学生の時に、起業して、若干25歳で億万長者。
そこまでの道のりは、ほんの数年。

すごすぎです。。


ただ、Facebookの本の中にもありましたが、
人を動かそうとするのは大変ですね。


多分、アイデアや何よりも一緒に働く人との円滑な関係。

お互いに理解しあい、共感してくれる人と作り上げる。

ここがキーなんだと思います。


これまでいろいろと動いてきて、やはり、ビジネスパートナーと
喧嘩になりそうなこともありましたし、不満を持ったこともありました。


特に、外国人となると考え方や思考も違うし。。。

しかし、本当の意味で自由になるためには、やはり、
自分自身のビジネスを持つことは大事だと思ってます。

(自由になれないかもしれませんが。)

だから、なんとしても、ここは乗り越えていかないといけない壁です。




【役立つ海外起業・起業のための書籍・ツール!】
海外起業にあたり、これまで読んだ本、使ってきたサイトの紹介です。


あなたの応待ってます!1日1善、1クリック♪m(_ _)m
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
いつか大きな木になるかも!
スポンサーサイト

テーマ:起業・独立への道 - ジャンル:ビジネス

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomotopus.blog83.fc2.com/tb.php/257-50907046
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad