フランス起業、移住奮闘記!“Il faut sortir”

留学していたフランスを中心に海外移住の夢実現のため、起業、投資、ビジネスあらゆることを模索していきます。

アメリカ人とフランス人のビジネスの考え方の違い?!

Gプロジェクトを進める中で、
ビジネスパートナーのMaxから学べることは多いです。


何が学べるかといえば、フランス人の考え方。


これは、私が思っていることビジネススタイルと
結構違うことがあります。

例えば、以前、日記に書いたような
紙ベースの契約に関することとか。



つい最近で言えば、お客さんとのメールの
やり取りで出てきた金額に関すること。


ビジネス上のやり取りなので数字は、
はっきりと書かないといけないと思っていると、
フランス人はそうダイレクトに数字を書くのはタブー。

少し遠まわしに書いて、最終的な契約のときに、
細かい数字を書くほうがいい。と言われました。



これは、自分でも意外で、した。。。


と、そんな話は週末に行った提携先で話すと、

え、そんなことはないですよ。お客さんのオーストラリア人には
私たちはいつもダイレクトに書いて、特に問題はないと。。。



そこで、少し考えました。。


これは、もしかして、欧米人の中でも
ビジネスに対する考えが違うのだろうか?と。



アメリカ人やオーストラリア人はダイレクトな言い方?

ただ、欧州の人はもしかして、遠まわしな言い方?



と考えると、思い当たることは多々あります。


例えば、映画に関しても、


アメリカの映画は、善と悪、YesかNo的な映画が多いです。

一方で、フランス映画は、最後まで見ても、
結末が遠まわしで結局何?というものが多いです。



欧米人言えども、ところ変わればいろいろと考え方も変わるようです。。

でも、ようやく納得しましたが、
ただ、これも正しいかどうかはまだ分かりません。


しかし、新しい発見はいつもうれしいものです!


【役立つ海外起業・起業のための書籍・ツール!】
海外起業にあたり、これまで読んだ本、使ってきたサイトの紹介です。

小さな芽にあなたの愛情でクリックすれば、
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
いつか大きな木になるかも!
スポンサーサイト

テーマ:海外ビジネス - ジャンル:海外情報

コメント

同じ欧米でもイギリスや北欧、ドイツ系はしっかりしてますよ。後スイスとか。

個人的な考えですが南欧系の人はゆるいように思えます。

  • 2010/02/27(土) 14:34:46 |
  • URL |
  • ALMIA #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomotopus.blog83.fc2.com/tb.php/169-30b2d799
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad