フランス起業、移住奮闘記!“Il faut sortir”

留学していたフランスを中心に海外移住の夢実現のため、起業、投資、ビジネスあらゆることを模索していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランスのクリスマス事情!

そろそろクリスマスのシーズンです。

この時期、フランスはめちゃくちゃ雰囲気が良くなります。

ノエル、街並み

街中はデコレーションが飾られ、人々は浮かれ、
フランスでも最大のイベントへ向けて準備します。
(日本でいえば、お正月に匹敵します。)

ちなみに、私も非常に驚いたのですが、
フランスのクリスマスと大みそかは日本とは全くの逆です。


日本のクリスマスと言えば、恋人と過ごす夜、
大晦日は家族と過ごすための夜。


しかし、フランスではクリスマスは家族と過ごす神聖な日であり、
大晦日は友人たちと過ごすための夜です。



フランス人にとってクリスマスは本当に大事な日なんです!
家族、親戚を家に招いても、他人を招くことはほとんどないそうです。

逆に、招いてくれるということは、
その家族に認めてもらったということにもなります。


fete1

fete2

fete3

このクリスマスシーズンからお正月まで招き、
招かれの行事が続きます。


1年前、クリスマスシーズンにフランスへ行きました。
さすがの私もお正月になる頃には、ご飯が食べきれなくなり
残すようになりました。

ホームステイ先のおばあさんの息子さんは、食べ過ぎて、
気分が悪くなり夜中に起きてトイレで吐いたそうです。(笑)

だから、お正月を過ぎると、一転しスープなど
軽いものにして胃を休めるのだそうです。


今年、そのイベントに参加できないのが非常に残念です。。T_T

代わりに、そろそろクリスマスカードを書いておかないといけないです。

しかし、よくよく考えれば、もうあれから1年経つのですね。。。。
ちょっとショックです。今年1年何ができたのか??

まだまだやりきれていない自分がここにいます。。



追伸:
親友のCは、おもちゃ屋の店長をしています。
その親友いわく、金融恐慌後の今年の売り上げは、
去年より少し少ないくらいだそうです。

(詳細は、売上を見ないと分からないと言っていたので、
今度、正確に聞いておきます。)

ちなみに、クリスマスプレゼントは、月給の3分の1くらい使うのだそうです。


毎日の指の運動に、1クリック♪↓

(私は、あなたの健康を応援します。(笑)
スポンサーサイト

テーマ:フランス - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomotopus.blog83.fc2.com/tb.php/122-8e151d7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。