FC2ブログ

フランス起業、移住奮闘記!“Il faut sortir”

留学していたフランスを中心に海外移住の夢実現のため、起業、投資、ビジネスあらゆることを模索していきます。

歴史は繰り返す。仮想通貨(ビットコイン)と言う名のバブルと考察。

先日、メルマガにも書いたのですが、
少し前から仮想通貨に注目しています。


ビットコイン通貨

最近、Bitcoinと言う名前を聞いた人は多いかと思います。

カフェに行けば、横で20代の人がビットコインの話。
お昼ごはんを食べに行けば、横で男性2人がビットコインの話。
TV、CM、ニュースでBitsoinsの話が取り上げられたり。

つい先日なんか、取引先の社長さんが、ビットコインの話をしてきました!

世の中、至る所で、Bitcoin(仮想通貨)の話に溢れています。。。

事の始まりは、サトシ・ナカモトさんという人が、2008年、
metzdowd.com内の暗号理論に関するメーリングリストに
電子通貨ビットコインに関する論文を発表し、
ビットコインが誕生したのだそうです。



このサトシ・ナカモトさんは、誰なのか?正体は誰も知らないそうです。

おそらく、日本人では?と言われていますが、
グループ名、外国人ということもあり得るそうです。

当初、胡散臭い、通貨だと見られており、
遊び半分で投資していた人がいましたが、
蓋を開ければ、数年前に10万円の投資で、
今では1億円にもなったという話です。

ちなみに、興味があって、調べてみると、最初から投資している人は、
実は、20代とか若い人が少しのお金で投資しているケースが多く、
私の知り合いで、投資に深い知識があり、資金がある人は、
意外に、まだ投資していなかったり、少額しか投資していませんでした。


投資の知識があるからこそ、Bitcoinsへの投資は、
怪しいものに見えたのでしょう。


そして、投資の知識がない人ほど、
気軽に投資できたのが当初の動きだったのかもしれません。


私が、注目し始めたのは、去年の10月頃で、友達のフランス人が、
仮想通貨に対しての意見を求めてき始めたからでした。


当初、怪しいなと思いつつ、友人が聞いてきたから色々と調べると、
意外に興味深いことに気づきました。

Bitcoinsと言っても、Bitocoinsは仮想通貨の1つでしかなく、
仮想通貨の中では一番メジャーな通貨です。


ただ、それ以外にもリップル、ネム、モネロ、ダッシュなど
1000以上の仮想通貨があるようです。

仮想通貨の種類と時価総額について

さて、話が長くなりそうなので、簡潔に私の意見を述べると。

仮想通貨は、正直、分かりません。(笑)

ただ、バブルが来ていることだけはわかります。

そして、将来的に、バブルが弾けた後も、仮想通貨は残ることでしょう。


ちょうど、ITバブルの時がそうでした。

1999年から2000年の2年間、IT関連銘柄が高騰しました。

日本でもヤフー株が、1株一億円越えたことで有名でした。


その後、ITバブルは弾けましたが、その当時、流れ込んできたお金を使い、
アメリカは、アメリカ中に光ファイバー網を敷くことができました。

日本でも、急送にネット関係のインフラが整いました。


だから、何かが生まれる前には、お金が流れてくることが必要なのです!



そう考えてみると、今の仮想通貨投資は、将来、
誰もが仮想通貨を使うようになる前段階と言えるでしょう。


そのトレンドが分かれば、次にどう行動するか?です。

1:仮想通貨へ投資する。

手っ取り早い方法です。

ただ、分かっているのは、バブルはいつか弾けるということ。

それは、いつか?歴史は、教えてくれます。

人類史上、これまで多くのバブルがありました。

1637年 オランダでのチューリップ・バブル。
1719年 フランスでのミシシッピ計画。
1720年 イギリスでの南海会社バブル事件(南海泡沫事件)。
1840年代 イギリスで鉄道会社の株に投資が殺到した(鉄道狂時代)。
1986年 - 1991年 日本の株と土地の異常な上昇(。
1999年 - 2000年 アメリカ、世界中のインターネット・バブル(ITバブル)
2003年 - 2006年 アメリカや中国をはじめ世界中の住宅・不動産バブル。
2004年 - 2008年 世界中の原油・石油バブル


これらのことから考えると、
バブルは、1~3年の期間だといえるでしょう。


今は、グローバル化でネットでつながっているので、情報伝達が早く、
私の予想だと、仮想通貨バブルは、2018年中旬から2019年頃までに
終焉を迎えるのではと思っています。


だとすると、仮想通貨バブルは、2017年から始まったとすると、
あと半年から1年の間は、バブルは続くのではないでしょうか?


2:仮想通貨のビジネスを始める。

仮想通貨バブルは、いつか終わるのでしょうが、
仮想通貨へのインフレは整うはずです。

その時、どういったサービスを提供するか?
(日本だと、楽天、ソフトバンク、GMOと言ったネット関連会社が大きくなりました。)


今後、仮想通貨を通じて、世界がどのように変化していくのか?
そういう意味では、非常に興味深いです!


仮想通貨が普及すれば、これまで何度かブログで取り上げた
海外の銀行へのお金の送金も非常に楽になるはずです。

これまで、安穏としていた銀行も、変化する時が来るでしょう


以上、仮想通貨に関して簡単なレポートでした。

By サトシ・ナカモト 2  



他の海外起業家のブログ。
↓↓
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
いつも読んでいただきありがとうございます!


メルマガ登録

DVD

【役立つ海外起業・起業のための書籍・ツール!】
海外起業にあたり、これまで読んだ本、使ってきたサイトの紹介です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomotopus.blog83.fc2.com/tb.php/1110-be671941
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad