フランス起業、移住奮闘記!“Il faut sortir”

留学していたフランスを中心に海外移住の夢実現のため、起業、投資、ビジネスあらゆることを模索していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国で起業した親友Cと話していて、思い出す昔の自分。

中国で起業準備中のフランス人の親友C。

今日、Skypeで少し話をしました。

サイトも作成し、起動し始めたばかりのCですが、問い合わせも少なく、
暇なので、いろいろなビジネスを模索中だとのことです。


話を聞いていると、私が、起業したばかりの事を思い出します。

まさに、今のCと同じ状況でした!!


起業したものの、最初は、お客さんが少なく、持て余した時間で、
いろいろとビジネスを模索する。そんな時でした。


そんなCが、私に一つのビジネスアイデアを相談してきて、
最後に、どう思う?と聞かれましたが、正直、私は、分かりません。


強いて言うなら、収益性の点で、私は、否定的。
(でも、私の最初のビジネスは、収益度外視の実験的な試みでした。)


私もそうでしたが、結局のところ、考えついた人が一番よく理解し、
そのビジネスがイケると思います。


でも、周りの人に話しても、肯定的な意見は、ほぼありません。
どちらかと言うと、否定されます。

逆に、みんなが良いというアイデアは、うまく行きません。


ですので、思いついた人が、積極的にリーダーシップを取り、
協力者を得て、ビジネスにする。ビジネスが、ようやく、軌道に乗ると、
ようやく周りの人も理解するのだと思います。



ビジネスアイデアを思いつき、周りの反対を押し切り、
ビジネスを形作っていく人が、起業家になるのです。


そう考えると、私も同じように、ビジネスアイデアを今のビジネス・
パートナーのMaxに投げかけた時に、無報酬で手伝ってくれました。


よくまあ、手伝ってくれたものだと今更ながら、
驚くとともに、感謝をしなければいけません。m(_ _)m


また、私も、当初の考えでは、ゆくゆくは世界中の人とビジネスをしようと
壮大な考えを持っていましたが、今は、フランス人だけのビジネスとなり、
いつの間にか、小さくなってしまいました。


やはり、夢は、大きく持つべきで、起業当初の想いを思い出すべきだと
ふと、Cと話していて、今と昔の自分に気づいた次第です。


他の海外起業家のブログ。
↓↓
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
いつも読んでいただきありがとうございます!


メルマガ登録

DVD

【役立つ海外起業・起業のための書籍・ツール!】
海外起業にあたり、これまで読んだ本、使ってきたサイトの紹介です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomotopus.blog83.fc2.com/tb.php/1057-fd7a4ff4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。