フランス起業、移住奮闘記!“Il faut sortir”

留学していたフランスを中心に海外移住の夢実現のため、起業、投資、ビジネスあらゆることを模索していきます。

フランス人との鎌倉、伊豆旅行②

前回の続きです。

今回の旅行中に、友人から聞いた話をいろいろとまとめておきます。


まず、なぜ、フランス人(ヨーロッパ人)が日本へ来るのか?

これは別に日本だからというわけでもなく、ヨーロッパの人にとっては、
アジアというのはエキゾチックで未知なる国という考えがあるそうです。


その中でも、日本は他の国と比べて、先進国で旅行しやすく、
日本での移動が比較的便利で、なおかつ歴史、文化があるからだ
と言っていました。

確かに、日本人にとって、ヨーロッパは特別な国(地域)であるのと同じように、
ヨーロッパ人もアジアに対しては特別な感情を抱いているようです。



あと、食事について

パリでの日本米1キロ、なんと20ユーロ(2600円)するそうです。
めちゃ高いと言っていました。


「じゃー、パリの和食屋はどこのコメを使っているのか?」
と聞いたところ、イタリアのコメじゃないのか?と返答が。


イタリア=パスタ、ピザのイメージですが、
お米を使った料理もかなりあるらしく、イタリアはフランスと
同じくらい料理のバラエティーがあるようです。

(ちょっと意外でしたが。)


他には、物価については、食事に関しては、
パリなんかよりよほど日本の方が安いそうです。

(これは、個人的にも納得です。)


フランスでも日本食ブームですが、本当に
日本の食事が食べられる店は、少ないそうです。

フランス人がやっている日本食料理屋さん、
中国人が営んでいる和食もどきの日本食レストラン。
そんなのが多いそうですし、値段も高いとか。

というか、そもそも和食の材料も入手困難な状況です。


友人の一人は、母親に「お酢」を買ってきてくれと頼まれたとか。


ざっくり聞いた話を書いてみました。

次は、ビジネスネタを書いていきます。


毎日の指の運動に、1クリック♪↓

(私は、あなたの健康を応援します。(笑)
スポンサーサイト

テーマ:フランス - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomotopus.blog83.fc2.com/tb.php/105-f4827e23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad