フランス起業、移住奮闘記!“Il faut sortir”

留学していたフランスを中心に海外移住の夢実現のため、起業、投資、ビジネスあらゆることを模索していきます。

起業家としての現代アート作家、村上隆【アートビジネス考察4】

さて、前回の続きですが、世界に名を轟かせる現代アート作家といえば、
世界の影響力ある100人に日本人でただ一人 選ばれた草間彌生さん。
奈良美智さん。そして、村上隆さんの3人が特に有名です。


この3人に共通するのは、日本ではなく、海外で勝負したということです。

日本の美術の世界は、昔ながらの仕組みで、若手が評価されません。
いかに、大御所に気に入られて、自分のポジションを築くかが大事なようです。

これは、何も、アート業界だけではなく、多くの業界でも同じです。。。

だから、手っ取り早く評価されるとなると、海外に行くことが重要でした。
(アートの本場は、海外ですし。)


しかし、この3人の中でも、村上さんは、
特にビジネスマインドを持っていると思ってます。


村上隆


アート業界を詳しく分析し、それを実践しました。

例えば、自分のアートのコンセプトを伝えることが最も重要だと気づいた
村上さんは、まだ売れてお金がない頃でも、超一流の翻訳家を雇い、
自分の作品を外国人にPRしたそうです。


普通は、2,3流の翻訳家に翻訳させるので、コンセプトが伝わりづらく、
結果、成功できないで終わるままになります。

お金がない時でも、大事な部分には投資していたと言うのは、
起業家的な発想です。

また、シャネルなどブランド会社とコラボレーションをして、
自分の作品を売り出しています。


お互い相乗効果でPRできる方法です。

その他、カイカイキキという会社を設立し、アーティストを雇い、
自分の作品を作り出させている工房的なこともしています。


アートと言えば、アーティストが一人で作るものと考えがちですが、
村上さんの場合は、共同制作。


でも、昔のレンブラントやガレーなども
工房でたくさんの作品を産み出していました。

今でこそ、批判されていますが、これはこれでありなのです。

村上隆ベルサイユ作品
フランスのベルサイユ宮殿に展示された村上作品。
(フランスでは、一部の人から批判もされましたが、)

その他、書籍を書いたり、あえて、批判的なことを言い、
炎上商法による認知度UP。(芸術家だから変わり者で許されます。)


後、中野ブロードウェイにお店を何店か出していたり、
最近では、アニメまで作ったようです。

正直、普通のアーティストは、ここまでやりません。

自分一人で、満足ができる作品を作ればいいというのが大半ですが、
村上さんは、たくさんの人を巻き込み、自分の作品の評価を高めることに
全力を注いでます。また、同時に、アーテイスト育成もしているのです。



村上さんは、アートにビジネスを取り組んだ稀有なアーティストだと思います。


とこう、アートとビジネスは、無関係と思われがちですが、
今の流れは、アートとビジネスは切っても切れない関係になってます。

(正直、勉強するまでは、全く分かりませんでした。。。。)

今後のアート業界には、要注目です!


他の海外起業家のブログ。
↓↓
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
いつも読んでいただきありがとうございます!


メルマガ登録

DVD

【役立つ海外起業・起業のための書籍・ツール!】
海外起業にあたり、これまで読んだ本、使ってきたサイトの紹介です。
スポンサーサイト

FC2Ad