フランス起業、移住奮闘記!“Il faut sortir”

留学していたフランスを中心に海外移住の夢実現のため、起業、投資、ビジネスあらゆることを模索していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出会ったスゴイ外国人起業家!


少し書くのが遅くなりましたが、昨日の出来事です。

昨日、仕事関係でとあるスペイン人の社長に会ってきました。

打ち合わせは、英語。

スペイン人、日本人3名での打ち合わせで、
私以外は英語でしゃべってました。(笑)
(私は、理解は出来てもしゃべれません!!)


さて、その社長、見た目よりかなり若いようで、
なんと34歳。



しかも、スペイン人でアメリカに留学し、
22歳の時に友人の誘いで、IT関係のアイデアをもらい、
彼は600万ドルの資金集めをしたそうです。

(NYの金融街で働いていたので、資金集めに長けていたそうです。)

2001年にはそれを途中で売却し、資金を得たそうです。


今では、数十億ドルの企業へと成長しているとか。。



現在の会社は、税金やファイナンスが有利ということで、
スイスに作っているとのことです。

外国の起業家の方は、このグローバル的な視野がすごいなと思います。


他にも、1ヶ月くらい前に、日本で起業した
イギリス人の社長にも会ったことがありますが、
この人も試行錯誤した後に、7年で250億円までの会社にしたそうです。

(なにげにスゴイ人達に会っていたりします。)

日本語がほとんど話せない状況で日本に来て、その後、
イギリス人であることを利用して、欧米の進んだ
サービスを日本へ持ち込み大成功をしています。

そして、最終的には、イギリスの会社に日本で起業した会社を売却。


・2人の特徴は、築いた会社を数年後に売却していること。
・自分の国ではなく、他の国で起業したこと。
・他の国で外国人というブランドを生かしたこと。



いつか自分もそうなりたいなと思いつつ、
ちょっとモチベーションUPを図っている今日この頃です。


読み終わったら、ぽちっと一息♪↓
スポンサーサイト

テーマ:海外ビジネス - ジャンル:海外情報

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。