フランス起業、移住奮闘記!“Il faut sortir”

留学していたフランスを中心に海外移住の夢実現のため、起業、投資、ビジネスあらゆることを模索していきます。

海外でのビジネスは不思議な世界!(フランス編)

日本と海外との文化、宗教、習慣の違いで、
ビジネスが大きく違ってきます!


これはこれで非常に面白いのです
日本の常識が当てはまらないことが多々あります!

まさに、”Il faut sortir"の世界です!
(常識の外へ!)


では、どういうところがそうなのか?というと、
これまで旅行してきた中でいろいろと見つけました!


まず、フランス!

la ville
留学していた町

marche
土曜日に開かれていた市場(マルシェ)
基本、土曜日は午前中開いていたりします。その代わり月曜日休む店が多いです。


土日、店はほとんど開いてません!
日曜日に至っては、町に行くためのバスさえありません。
(パリや大都市は違うのかもしれませんが、私がいたのは地方都市)

デパートなども開いてません。

これはなぜか?というと宗教上だそうです。
キリスト教の関係で、日曜日は家で静かにします。
仕事をしては駄目だとか。

日曜日は家族と過ごす大事な日。
最初のころ、親友の家に日曜に遊びに行こうとすると、
家族と過ごすと断られました。
(これは彼のフランスの友人に対しても同様でした。)

まあ、後半、毎週、遊びに行くことになるのですが。(笑)


同じような理由で、フランスのみならず、
ヨーロッパにはコンビニはありません。


同じ先進国といえども、こうも違うんですね。


ただ、最近、フランスのサルコジ大統領はもっと働け!
というような政策を取っているようです。


私の知り合いのフランス人の多くはサルコジ大統領のことを
嫌っているようです。
(と言いますか、フランス人はサルコジ大統領だけでなく、
元来、大統領に対しては批判的だ!と友人は言ってました。)

さすが、革命の国ですね!

ちょっと話はずれましたが、次は別の国を例にあげます!


スポンサーサイト

テーマ:フランス - ジャンル:海外情報

海外でのビジネスは不思議な世界!(ドバイ)

イスラムの世界!それは謎に満ちた世界です!

イスラム圏の国と言えば、今までトルコ、ドバイ、エジプトと旅行しました。

ドバイ①
中東の国際都市、ドバイ

イスラム圏ではアルコールは飲めない!
ただ、国により戒律が緩かったりします。
トルコ、エジプトは弱いほうだと思います。


さて、こんなイスラム圏でビジネスをするのに
イスラム教を知っておかないと大変な目にあいそうです。

たとえば、話題のドバイでラーメン屋を開こうと思えば。

ブブーー(戒律に違反します。)

豚骨ラーメンは、豚を使ってます。
豚は、イスラム教では不浄な動物だそうです。


山羊などの動物もきちんと戒律にのっとり処置をした
肉でないと食事を出したら駄目なようです。。

動物市場
あ、ちなみに、これはドバイから3時間くらい離れた、
アルアインという町の動物市場。


生きた山羊を買って、担いで帰ってました。
さらに、売りに来ていた業者の人、アフガニスタンだとか
パキスタンからドバイまで来ていたようです。

インド、パキスタン、アフガニスタンからの出稼ぎ労働者は多いようです。
あと、エジプトで出会ったレバノン人もドバイでビジネスをしていると言ってたり、
さすが、国際都市ドバイです。

ゴールドスーク
ドバイのゴールドスーク


ドバイ②
建設中のビル群。

中東でビジネスをしたい方は、ドバイで起業するのはいかがでしょうか?

※数週間前、ドバイのあるUAE(アラブ首長国連邦)で
会社を設立する場合の最低資本金が150000ディルハム
(約380万円)へと緩和されたようです。



テーマ:中東 - ジャンル:海外情報

海外でのビジネスは不思議な世界!(エジプト編)

イスラム編の続編を書きます。
今回は、つい最近旅行したエジプトでのビジネスネタ。

エジプト
首都カイロ

放浪癖があります。たまに、現実逃避をしたくなり、
今年の6月に航空チケットだけ買ってエジプトにふらーと行きました。

(ホテルの予約なし、行き先未定、言葉しゃべれず。)

飛行機の中がガイドブックを見ながら、どこに行こうか考えました。(笑)
(我ながらよくやるものです。。。年々、過激になっていきます。)


さて、エジプトで見たビジネス。

正直な感想は、効率がなんと悪いのだろうか?ということです。


特に、レストラン。客が私だけなのにひどく待たされ、
その上、料理のレベルは非常に低い。。。

料理
悪いのですが、正直飾り付けのセンスなし。。。

そして、もっとも効率が悪いなと感じたのは、
大の大人が道端で釣った魚を炎天下の中売っていました。

それも数人がです。

多分、売れたらいいなという考えなのでしょうか?
売れなかったら家で食べるのかな?

一人がまとめて売り、他の人が魚を釣るという分業ができれば
よほど効率がいいだろうにと思いました。


カイロの町のネットカフェに入った時、店長のおじさんが
イスラムの礼拝をちょうど店中でしてました。

私は、その礼拝が終わるまで5分くらい見てました。
(さすがに声をかけれません。)

そのネットカフェにしても1時間30分使用して、
4エジプトポンド払いました。店にはこのほか、パソコンが
7台くらい置いてありましたが、それが24時間フル回転でも、


21ポンド(7台分)×24時間=504ポンド(1日7500円の儲け)
稼働率半分なら3500円前後。

(※1エジプトポンド=約15円)

こんなのでいいのだろうか?と思います。
(いや、エジプトの物価からすればいいビジネスなのか??)


ちなみに、案外いいビジネスだなと思うのが、
駅の中の公衆トイレ!使うのに、1ポンド(約15円)払いました。
1日300人くらい利用すれば、4500円!

対して、ギザのピラミッド内のトイレは、使用料がなんと1ドル(100円)!
これは、さすがにぼったくりです。

でも、エジプトでは観光客相手のビジネスが一番儲かりそうです!
(だから、客引きが多いのか。。警官さえもお金を要求してきます。)


【おまけ編(エジプトでの挑戦!)】
砂漠
砂漠で一晩明かしてみました!(満天の星空の下で)

乗合バス
乗合バスに乗ってみました!(少しビビりながら。)

エジプト人
宿泊先のホテルのプールでエジプト人と競泳してみました!

べドィン結婚式
偶然にべドウィン人の結婚式に参加できました!(私以外に外国人なし。)
※この結婚式の動画もあるので良ければ今度動画でUPします。

夕暮れ
カルーン湖に沈む夕日

あああ、やはり海外はいいもんだ!!


テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

べドウィン人の結婚式!【動画】

あまりブログのテーマとは関係ないのですが、
昨日、書いていたらどうしても作ってみたくなりました。


で、今日は別のことを書く予定でしたが、
帰宅後、動画を作ってみました!


新しい試みということでどうぞご覧ください!



ちなみに、面白かったら、拍手、コメントなどお願いします!m(_ _)m

次回もこういうのがあったほうがいいかの参考にしてみたいと思います!

ただ、勢いに任せて作ってしまったので、細かい調整、クオリティは低いです。
もし今度作るとしたら、もうちょっと時間をかけて作りたいです。


世界にはまだまだ知らないことが多いです!
もっともっと見ていきたいと思います!


テーマ:エジプト - ジャンル:海外情報

海外の結婚式事情!カナダ編

だいぶ、引き延ばしてしまいましたね。。

前々回に書いた日記の続きです。


昔から、なぜか縁がある海外の結婚式!

初めて出席したのはカナダの結婚式でした。


ちょうど、中学校の修学旅行でカナダへ行き、
3日間のホームステイが組み込まれていました。

そのホームステイの初日、引き取られてそのまま結婚式に直行されました。

正直、私はまったくもって状況が分からない。。。。

いろいろとみて、ああ、結婚式に連れてこられたんだなと認識しました。

ちなみに、ホームステイ先は、黒人の方で、参加者はほぼ全員、黒人の方。
そして、讃美歌?を歌う際、みんな立って、「ハーレルヤー、ハーレルヤー」と
言っていたので、圧巻でした。(笑)


食事は、各家庭からの持ち寄りのようでした!!

長旅の疲れで、そして、いきなり結婚式に
連れて行かれたのはちょっときつかったです。。。


結婚式のときに、参加していた子供と何か遊んかと思うのですが、
ただ、何をしたかは疲れていたせいか正直あまり覚えていません。


途中、眠そうにしていたので、ホームステイ先の人が、
早めに家に連れて帰ってくれました。

それが、私の初めての結婚式でした!(日本でも海外でも)



次は、フランスでの結婚式を書いてみます。


毎日の指の運動に、1クリック♪↓

(私は、あなたの健康を応援します。(笑)

テーマ:海外情報 - ジャンル:海外情報

FC2Ad