FC2ブログ

フランス起業、移住奮闘記!“Il faut sortir”

留学していたフランスを中心に海外移住の夢実現のため、起業、投資、ビジネスあらゆることを模索していきます。

IL faut Sortir に向けての業務改善(2)

さて、海外に行きたいと言っても、どのくら行きたいのか?

以前の私は、海外に移住する!と考えていました。

ただ、最近は、移住というよりも、主軸は、日本。
1年のうちの数ヶ月、(欲を言えば、半年)。


海外に行けるのが、私にとっては、理想的かと思うようになりました。


日本は、なんと言っても、安全。食事も美味しい、ビジネスもやりやすい。

一方、海外は、刺激があり、新しい人との出会い、
外国人から見た発想、新しい考え方を学ぶことができます!

(私にとって、これは、非常に大事なことです。)

そのためには、まずは、海外にいても仕事ができる仕組み作りをし、
(私がいなくても、対応できる仕組み。)あとは、十分な資金。

そして、これまでの業務が減った分、今度は、
海外に軸を移したビジネスを展開して行くこと。

とりあえず、こんな感じでしょうか?

まずは、時間を作るための仕組み作り、
これからしていくことにします。


他の海外起業家のブログ。
↓↓
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
いつも読んでいただきありがとうございます!


メルマガ登録

DVD

【役立つ海外起業・起業のための書籍・ツール!】
海外起業にあたり、これまで読んだ本、使ってきたサイトの紹介です。
スポンサーサイト

IL faut Sortir に向けての業務改善(1)

さて、前回の続きですが、海外に行きたくて始めた今の仕事。

でも、結局の所、仕事のせいで身動きが取れなくなってきています。

忙しくなればなるほど、長期の休みも取りづらく、
休みの日も、つい仕事のことを考えてしまいます。


この問題を解決しないことには、夢の実現はできません。。


しかも、私は、今では、一応、経営者。

最も大事な仕事は、日々の業務をこなすのではなく、サービスを
向上させるため、会社を大きくしていくために、戦略を考えることこそ
必要なことであり、私の能力が最も発揮されることでもあります。

そのためには、今、私が関わっている仕事を減らし、ゆとりを作ること!

理想なのは、私がいなくても、きちんと回る仕組みを作ること!

これが、現時点では、解決すべき課題です。

解決策としては、

1:優秀な社員(アルバイト)を雇うこと。
2:提携先を再検討し直すこと。


1に関しては、時々、忙しい時期にアルバイトをお願いしています。
ただ、1名に頼りっぱなしなので、数名確保して
仕事を振り分けることも必要かと思います。

2に関しては、今、最も必要なことかもしれません。

実は、起業時にお世話になった会社(A社)が、今では、足を引っ張る結果になってます。。

これまでWin-WInの関係でお互いに助け合ってきたつもりでしたが、
ここ数年、この関係が崩れてきました。。。。

当初、良いサービスを提供するために、A社の内部まで入り、
本来、A社がしないといけないことまでやってきました。。


これもそれも、お互いのサービス向上とお客さんのことを考えてです。

ただ、残念ながら、私がやって当たり前と思っしまい、
A社が本来やるべき仕事を、我々が起業時からずーとやってきています。
(提携している他社には、ここまでのことはしていませんし、安心して任せてます。)

何度かこの問題に関して話し合いましたが、結果変わらず。。。。

私としては、起業時からお世話になったということから、これまで
ずーと遠慮してきたのですが、そろそろ独立するべきかもしれません。。
(今のままだと、対等の立場ではなく、いつの間にか下請け状態。)

今年度中に、決着をつけないといけない課題です。

他の海外起業家のブログ。
↓↓
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
いつも読んでいただきありがとうございます!


メルマガ登録

DVD

【役立つ海外起業・起業のための書籍・ツール!】
海外起業にあたり、これまで読んだ本、使ってきたサイトの紹介です。

引っ越し完了。人生(ビジネス)の第2ステージへ

2週間前に、引っ越しが完了しました。

以前住んでいたところより、広くなりました。(事務所兼住居)


ただ、会社が引っ越しをすると、個人の引越し手続き以外に、
会社登記の住所変更、銀行への届け、名刺の変更、事務所備品の購入など
いろいろな手続が発生し、正直、大変です。。。。

環境にも慣れずに戸惑うことが多い毎日ですが、引っ越しを期に、
ビジネスも第2ステージに移行させなければいけません。


起業してから、早6年近く、

2009年-2011年:ビジネス構想、模索。(会社員として働きながら)

2012年:個人事業主として独立
2014年:会社設立


4年近く、以前の場所に住んだ後、先日引っ越し。


という感じです。

スピードとしては、のんびりと経営をしています。。。


と、このブログを書いている途中に、
久しぶりにフランス人の親友から電話がありました。



3年前から、中国に住んでいる友人です。

彼と話すうちに、ふと思いました。

親友Cは、中国に住んでいますが、フランスに未練はないそうです。

逆に、フランスに戻ると、暇でしょうがないそうですが、
中国は、異国なので3年住んでいても毎日が刺激的なのだとか。


確かに、そうかも知れません。

海外に住むのと日本に住むのとでは刺激度が違います。

基本的には、出不精な私ですが、海外にいるとできる限り有効に利用しようと、
積極的にあちこち見て回ったりしますが、日本にいると、いつでも見れると思い、
出かけることはしません。

私のフランス留学中がそうでした。。

と考えると、今の私に足りないのは、
そういうことなのかもしれないと思い当たりました。


起業してから、フランス人と毎日関わる仕事をしているものの、
それでも刺激が足りません。おそらく、ビジネスを大きくしても、
変わらないのだと思います。


思えば、このブログの立ち上げ時期の目的は、
海外に行くために、海外でビジネスをすることでした。


それがいつの間にか、フランス人向けのビジネスをするために、
日本に居着いてしまっているのです。

このブログのタイトルにあるように”Il faut sortir"(外に出る)ということを、
もう少し本格的に考える時期になったのかと思います。


今後は、このことに関して、もう少し考えていくつもりです。

他の海外起業家のブログ。
↓↓
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
いつも読んでいただきありがとうございます!


メルマガ登録

DVD

【役立つ海外起業・起業のための書籍・ツール!】
海外起業にあたり、これまで読んだ本、使ってきたサイトの紹介です。

引越し準備

事務所を移転するために引越し準備をしています。

ただ、思ったよりも荷物が出ていて、断捨離の日々です。

特に、なかなか捨てれないのが本です。

私は、本好きなので、かなり量がたまります。

毎回、引っ越しのたびに、処分していますが、
今回も、前回からの引っ越しから4年。

かなり溜まっていました。。。。(汗)

やはり、ビジネス本が多いのですが、今回は、
処分しても、ダンボール2,3箱は持っていく予定です。



ちなみに、引っ越しは、かなり刺激的な出来事です。

人は、長い間居座ってしまうと、環境を変えたくなくなります。
変化を怖がり、ふと気づくと、新しいことができなくなってしまいます。


これは、引っ越しだけでなく、転職、起業など共通することです。

今の事務所も、正直、なんだかんだ言って、引っ越しのをためらっていましたが、
ビジネス拡大のためには、やはり必要なので引っ越すことにしました。
(今より、交通の便は悪くなるものの、事務所自体は、広くなります。)


起業家たるもの、やはり、変化を求めなければいけません!

そうでないと、起業家精神が無くなってしまいます。。。
私は、いつか無くしまうかもしれませんが、まだ、無くすときではありません!

他の海外起業家のブログ。
↓↓
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
いつも読んでいただきありがとうございます!


メルマガ登録

DVD

【役立つ海外起業・起業のための書籍・ツール!】
海外起業にあたり、これまで読んだ本、使ってきたサイトの紹介です。

インバウンド・観光ビジネス総合展に行ってみた。インバウンドビジネスの現状。

久しぶりにブログを書いてみます。

今日、東京ビックサイトで開催されている
インバウンド・観光ビジネス総合展に行ってきました。


新たなビジネスネタがないものか、情報収集を兼ねて行ってみた次第です。

ただ、面白くはあったものの、私にとっては、
そこまで目新しいものはありませんでした。


5年ほど前は、どの会社もインバウンドと叫んでいる会社は
いませんでしたが、流れが変わったのは、来日観光客数が1800万人を
超えてきた2015年くらいでしょうか?


確か、この頃から、AirBnBなどのサービスが普及し始め、
「民泊」が流行り、誰もがインバウンドと言い始めたかと思います。



さて、話は、戻り、今日、参加したインバウンド展示会、
インバウンドビジネスを狙い、多くの企業が参入してきましたが、
私的には、まだまだノウハウを蓄積できていない気がしました。


誰もが、まだ手探り状態。
(一部、インバウンドが叫ばれる前から
やってきる会社は、やはり、すごいですが。)


ですので、まだまだチャンスがあるかといえば、あると思います!

ただ、そのためには、外国人観光客=お金になる。という発想ではなく、
外国人観光客が何を求めているのか?きちんと知る必要があります。


そういう意味では、海外に行ったことがない人が、
インバウンドビジネスを模索するより、海外にバックパッカーで旅行した、
あるいは、留学した事がある人の方が、より、外国人の心理をする上で
有利な気がします。
(ただ、今の日本の会社では、まだまだ上記のような人たちを雇用しないかもしれません。)


スピードさえあれば、インバウンドビジネス業界で成功することはできると思います。


私自身は、起業してから、この5年近く、
外国人向けのビジネスのノウハウを蓄積してきました。


ただ、のんびりとしてきた感もあり、そろそろスピードUPしなければと考えている次第です。。。

そんな訳で、10月には、オフィスを拡張するべく引っ越しを予定してますし、
引っ越すことで、私自身にも新しいステップになればと思います!


オフィスに移転することで、いろいろと経費がかかりますし、家賃も上がります。
尻に火をつけて、がんばります!



他の海外起業家のブログ。
↓↓
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
いつも読んでいただきありがとうございます!


メルマガ登録

DVD

【役立つ海外起業・起業のための書籍・ツール!】
海外起業にあたり、これまで読んだ本、使ってきたサイトの紹介です。

FC2Ad