フランス起業、移住奮闘記!“Il faut sortir”

留学していたフランスを中心に海外移住の夢実現のため、起業、投資、ビジネスあらゆることを模索していきます。

お客さんに喜んでもらえる=起業の根本

ブログのタイトル、「フランス起業、移住奮闘記」

起業した今となっては、あまり書くことがなくなり、
たまに思いついてように書くだけになってしまいました。

(そろそろ、このブログの役割も終わりに近づいているのかもしれません。)

移住はしていませんが、毎日、フランス人と話す日々です。

今週、とあるアジアの国に駐在しているフランス人の領事一家が
プライベートで日本旅行していたので、1日だけ、東京をガイドしました。


彼らは、

「日本は、きれいだ。道路にゴミが全く落ちていない。
清潔清潔だ」


としきりに褒めていました。


今日は、お客さんのフランス人の両親が
日本に遊びに来ていたので、紹介されました。

彼らも、

「日本人はみんな親切で、しかも安全。
私達もパリに住んでいるけど、全然違う。

今、フランスでは、みんなが日本の事を話しているよ。」


と、若干、誇張かもしれませんが、いずれにしても、高評価です。


フランス人が、日本を評価する時、よく聞くのが、

1:日本の治安の良さ
2:日本の清潔さ
3:日本人の親切さと他人を敬う点


この3つに絞られます。


こういう風に、外国人に日本のことを褒めてもらえるのは嬉しく、
私も、もっとファンになってもらいたいと思います。


ガイド自体は、フランスの友達に頼まれてしたことですが、
私の根底には、やはり、日本を好きになってもらいたいという
思いがあり、起業したビジネスも、もともとそこから来たものです。


ここ最近、東京では、本当に外国人を見かけるようになりました。
京都も、すごく観光客が多いと聞きます。


日本を好きになりリピーターが増えると、
もっともっと増えていくことでしょう。


外国人向けのビジネスは、今後もますますチャンスはあるかと
思いますが、実際に、外国人向けサービスを提供しているのは、
外国人というケースがよくあります。

その辺、日本人は損をしているなと思います。

折角のチャンスなので、この機会を活かせば、
大きなチャンスに繋がりますし、何より、お客さんに
喜んでもらえるサービスが提供できると思います。


外国人にとっては、日本のちょっとしたことでも感激しますが、
日本人は、あまりに過剰サービスになれすぎてます。

起業当初、フランス人のお客さんに、メールを1日以内で
返信していましたが、今では、2,3日遅れて送ったとしても、
メールの返信が早いと言われるので、多少、楽になりました。



他の海外起業家のブログ。
↓↓
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
いつも読んでいただきありがとうございます!


メルマガ登録

DVD

【役立つ海外起業・起業のための書籍・ツール!】
海外起業にあたり、これまで読んだ本、使ってきたサイトの紹介です。
スポンサーサイト

リスクは、年齢にあるのではなく、 自分自身の気持ちにある?!

3月になりました!早いものですね!

今年の目標を達成するべき、もっともっと頑張らないといけません。

先日、同い年の起業家のSさんに会いましたが、
起業時と比べて、落ち着いてしまったと嘆いていました。。


Sさん、ビジネスでは、成功しているのですが、
起業家にとっては、そういうことではないのでしょう。

やはり、起業家はリスクを求める気質なのだと思います。



ふと思い返してみれば、人生で最高の投資といえば、私にとっては、

大学時代のトルコ旅行(一人旅)
これで度胸がつき、自信になりました。

そして、何よりフランス留学
フランス語が習得できたとともに、今につながる人脈がたくさんできました!

いずれの場合も、当時、実行するまでに
勇気がいるものでしたし、お金も掛かりました。。。

ただ、大きなリスクを取ったからこそ、
自分自身成長できたのだと思います。



そうであるとするならば、いつでも大きなリスクは取っていくべきです。


ただ、残念ながら、歳を取るごとに、
このリスクの取り具合は、反比例していきます。

反比例

こうして考えると、若い人ほど、リスクを取るので、大きく成功する
チャンスが高く、年齢を経つとリスクを取らなくなるので、
チャンスは来なくなります。。。

よく言い訳として聞くのが、
こんな齢にリスクをとって失敗すれば、立ち直れなくなる。


ということですが、ただ、逆に考えて、若い時に大きなリスクをとって
失敗することのほうが、後々長い人生に響いてくるので、
そちらの方が大きなリスクだといえるかとも思います。


80歳になって、リスクを取り失敗しても、残りの人生は、20年位。
20歳の時に、リスクを取って失敗したら、残り80年、失敗がつきまといます。

言ってみれば、歳を取ったからリスクが取れないというのは、
単なる成長を諦めてしまっただけの言い訳なのではないでしょうか??

リスクは、年齢にあるのではなく、
自分自身の気持ちにあるのではないでしょうか??


もし、もっと自分自身を成長させたいのであれば、積極的に
リスクを取り続けていくべくだと思うとある小春日和の週末でした。




他の海外起業家のブログ。
↓↓
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
いつも読んでいただきありがとうございます!


メルマガ登録

DVD

【役立つ海外起業・起業のための書籍・ツール!】
海外起業にあたり、これまで読んだ本、使ってきたサイトの紹介です。

起業に向けて頑張るSさん、Kさん

ここ最近、経営者から起業家に戻り、
精力的にいろいろと種まきをしています。

(本来、起業家の役割のほうが好きなので。。。)

新しいアイデアを思いつき、それを実現させるべく、
必要な人にコンタクトしたり、提案してみたり。

それから、どう反応があるかで、
それを実現させていったり、軌道修正させる。

その途上で、より良いサイトにするべく、気づいた点を改良し、
ビジネスを前進させるための作業です。

細かい修正を行いそれが結果を出すと嬉しいですし、
提案した人が興味を持って返信してくれるのも嬉しいです。

仮に、うまく行かなければ、諦める。
でも、試すのはタダで失うものはありません。


私が、もう何年もお世話になっている
散髪屋の元店長のSさんがいます。


今は、店長職を辞めて、退職し、独立のための準備をしています。

歳は、42歳で、子供もいて、最近、家を建て替えたばかりです。

Sさんいわく、退職して、自分で一からお客さんを集め、
店舗を維持していくことは大変だと話していました。


日々、集客のためのアイデアを考え、ブログを書いてみたり、
書き直してみたりと試行錯誤の毎日だそうです。
(ちなみに、ブログを書くことは、私が提案したことです。(笑)

ただ、Sさんが言うには、店長時代、あまり考えなかったけれど、
毎日、あれこれ試すのは楽しいそうです。

起業時は、大変な時期ですが、あとから
振り返ると一番楽しい時期でもあります。

なぜなら、夢に向かって、ひた走っているからです。
(後ろを振り返ったりしている暇はなく、その日、明日しか見ないので。)

逆に、危険なのが、起業時に、きついなと思っている人です。。

この状態に陥ってしまったら、一旦、起業を諦めて、リセットしたほうがいいでしょう。


他にも、私の友人のKさん(39歳、女性)

彼女も、社員時代、副業で販売していたフランス雑貨を
本業化させるべく、現在、起業準備中です。


やはり、そういう人たちが分かりにいると、私も応援したくなりますし、
刺激を受けて、私ももっと頑張ろうと思います!


【お知らせ】今度、起業家の交流会を開催します!

↑→↓↓詳しくは、こちらをクリック!
集まれ、海外起業家たち!2018年海外起業家新年会! 
2月24日(土)開催!(交流会 + スペシャルセミナー付き)


興味があれば、是非、参加してみてください。m(_ _)m



他の海外起業家のブログ。
↓↓
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
いつも読んでいただきありがとうございます!


メルマガ登録

DVD

【役立つ海外起業・起業のための書籍・ツール!】
海外起業にあたり、これまで読んだ本、使ってきたサイトの紹介です。

起業家と経営者の違い。

起業家と経営者の違いを、あれからいろいろと考えてみました。

起業家と経営者は、実は、似て非なるものだと思うようになりました。

経営者は、事業拡大の為に、売上を伸ばそうと努力する人。
一方、起業家とは、新しいビジネスを立ち上げるために努力する人。



一見同じように見えて、実は、違うのです!!

どこがどう違うのかといえば、経営者は、売上が大事なので、
会社の利益にならないようなことをするよりも、
まずはお金(収益重視)でビジネスを考えてしまいがちです。


一方、起業家は、お金を稼ぐというよりも、面白そうだから、
そのビジネスを立ち上げたい。と言う考えでビジネスを考えます。

もう少し分かりやすく、書くと、

画家は、どんな絵を書けば、高く売れるのだろうかと考えて、
絵を書いているようであれば、名作は生まれませんし、売れません。


それよりも、自分の思いの丈をキャンバスにぶつけてこそ、
名作が生まれ、それが高く売れるようになるのです。


だから、起業家が、経営者のままで居続けることには、
無理があるのです。


それに気づいてから、どうやって利益を上げていこうという考えから、
どんな面白いことをしようと意識を変えたことで、
また、ビジネスアイデアが生まれてきました。

また、起業の神が降りてきました。(笑)

ふと、思いついたアイデアを、ネットで見つけた会社にコンタクトし、
先方も興味を持ったようなので、来週、早速、打ち合わせに行ってきます。


今日は、そのための資料作り。


とりあえず、起業家は、日々、前進するのみです!


そうして行かなければ、いつまで経っても、ビジネス化できず、
資金がなくなり、焦り、さらに焦るという負の循環に陥ります。

とにかく、悩むのではなく、アイデアがあれば、HPを作ったり、
ネットで物を売ってみたり、会社にコンタクトしたりと前に進む
手を日々打つべきです。

荒れ地を耕し、種を植えましょう。

そうすれば、いつか収穫できる時が来るはずです。



【お知らせ】今度、起業家の交流会を開催します!

↑→↓↓詳しくは、こちらをクリック!
集まれ、海外起業家たち!2018年海外起業家新年会! 
2月24日(土)開催!(交流会 + スペシャルセミナー付き)


興味があれば、是非、参加してみてください。m(_ _)m



他の海外起業家のブログ。
↓↓
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
いつも読んでいただきありがとうございます!


メルマガ登録

DVD

【役立つ海外起業・起業のための書籍・ツール!】
海外起業にあたり、これまで読んだ本、使ってきたサイトの紹介です。

経営者として、やってはいけないこと。

先日、私は、経営者としての才能はないと書きました。

いろいろな欠点はありますが、自分でも駄目だなと思うのが、
人に仕事を任せることができないことです。


どうしても、心配してしまうので、自分でやってしまいます。。。

随分前になりますが、私がやっていた仕事を、フランス人の
ビジネスパートナーのMaxに、任せた時のことです。

お客さんに送っているメールも、数字が間違っていないか?
きちんと送っているか?お客さんとどういう話になっているのか?
ついつい気になりチェックしていました。。。。

Maxからは、自分を信用していない、任せろ。と怒られました。。

今は、仕事を任せ、メールをチェックすることは殆どありません。


ただ、他、今でも、日本にいる
一人一人のお客さんの対応をします。

仕事とは関係ない、ちょっとした困ったことでも、ついつい
助けたりしてしまいます。。(ラブレターの翻訳を
頼まれたこともありました。。さすがに、これは。。。)

そんなことをしているので、雑用だけは増えてしまうのです。(笑)
自分では、お客さんへのサービスだと思ってましたが。


例えるならば、商品販売会社の経営者が、
店舗で、販売員をしているようなものです。


小さなうちはいいでしょう。

でも、それを続けていると、雑用だけが増えてしまい、
本来の仕事である、サービス向上、会社の規模拡大、
新規ビジネスへの取り組み。


これができなくなってしまいます。
というか、今その状態です。(笑)

今年は、そうした状況を打破したいです。

これは、仕組みというより、私の性格上の問題なので、なお悪い。

自分自身を変えていかなければいけません!


【お知らせ】今度、起業家の交流会を開催します!

↑→↓↓詳しくは、こちらをクリック!
集まれ、海外起業家たち!2018年海外起業家新年会! 
2月24日(土)開催!(交流会 + スペシャルセミナー付き)


興味があれば、是非、参加してみてください。m(_ _)m

他の海外起業家のブログ。
↓↓
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ
いつも読んでいただきありがとうございます!


メルマガ登録

DVD

【役立つ海外起業・起業のための書籍・ツール!】
海外起業にあたり、これまで読んだ本、使ってきたサイトの紹介です。

FC2Ad